MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

史上最高の氷上性能を持つスタッドレスタイヤ! ダンロップ「WINTER MAXX 03」が新発売

  • 2020/06/30
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
「WINTER MAXX」はダンロップで唯一のスタッドレスタイヤのシリーズとなる。

まだ梅雨も終わってないのに、早くもスタッドレスタイヤ商戦がスタートしようとしている。8月1日から発売が開始される新スタッドレスタイヤ「WINTER MAX 03(ウインター マックス ゼロスリー)」は、「ダンロップ史上最高の氷上性能」を謳う。氷上ブレーキ性能は22%、氷上コーナリング性能も11%向上しているというから驚きだ。

従来品に対して、新品時の氷上ブレーキ性能は22%、氷上コーナリング性能は11%向上。氷上ブレーキ性能の向上は、限られた時間の中での「除水時間の短縮」と「密着している時間の長さの向上」が重要となる。

「WINTER MAX 03」の優れた氷上性能の秘密は、「ナノ凹凸ゴム」にある。これはタイヤ表面にナノレベルで施された凹凸構造を持つ特殊なゴムのこと。無数の微細な突起部分が連続的に水膜を除去し、氷への密着をいち早く行うことで、氷上ブレーキ性能が22%向上するとともに、氷上コーナリング性能も11%向上することができたのだ(※ともに新品時の比較)。


「ナノ凹凸ゴム」が除水スピードと密着力アップの鍵だ。
凹凸構造の突起の分だけ、水幕への到達速度が早くなる。
除水スピードの違いを、接地面下から見たイメージ図。

また、「ナノ凹凸ゴム」は柔軟性にも優れているため、氷に隙間なく密着させることが可能というメリットもある。

さらに、氷上での効果が長く持続するのも「WINTER MAX 03」の特徴だ。前述の「ナノ凹凸ゴム」には「MAXXグリップトリガー」という成分も含まれており、それが水と反応して溶けることで、タイヤが磨耗しても繰り返し凹凸構造が出現するのだ。

また、氷上効果の維持には、ゴムのしなやかさを長期にわたって保つ「液状ファルネセンゴム」も貢献する。これは株式会社クラレがWINTER MAXX向けに開発した素材で、ゴムと軟化剤、両方の性質を持っているのが特徴。低温下での密着とゴムの柔らかさを両立するため、時間が経ってもしなやかさを維持してくれるのだ。

磨耗しても凹凸構造が蘇るため、氷上性能がキープされやすい。

スタッドレスタイヤを履いているクルマとはいえ、大半の走行シーンは舗装路、といったユーザーも多いことだろう。「WINTER MAXX 03」で嬉しいのは、静粛性も大幅に向上しているところ。パターンノイズを比較すると、17%も騒音エネルギーが低減しているという。

ピッチ数を増やすことでパターンノイズを低減。またピッチのカオス配列も騒音低減に効果を発揮している。

圧雪アイスバーンやミラーアイスバーン、ブラックアイスバーンといった危険な冬道で大いに頼りになりそうな「WINTER MAX 03」。全98サイズで、価格はオープン価格となる。

従来品「WINTER MAXX 02」との性能比較。効き持ち性能と氷上ブレーキ&コーナリング性能が向上していることがわかる。
豊富なサイズ展開も嬉しい。価格はすべてオープン。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ