Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ランドローバー|LAND ROVER
  4. ディフェンダー

【2020年の推しカー|ランドローバー・ディフェンダー】本気で欲しい!けど駐車できる車庫が見つからないのが悔しいっ(竹岡圭)

このエントリーをはてなブックマークに追加

『おぎやはぎの愛車遍歴』のMCとしても知られる自動車ジャーナリスト、竹岡圭さんが選んだ「2020年の推しカー」はシトロエン・ベルランゴ、ジープ・レネゲード4xe、ランドローバー・ディフェンダー。ディフェンダーは本気で購入を検討しているものの、全長約5m・全幅約2mの巨体を駐車できる車庫がないのが悩みの種だとか。

TEXT●竹岡圭(TAKEOKA Kei)

第3位:シトロエン・ベルランゴ「こんまりさんもビックリの収納上手」

シトロエン・ベルランゴ

あのカテゴリーって、ルノーカングーの独擅場だったじゃないですか。というのも、ライバルがまったく存在しなかったから仕方なかったんだと思うんですけど、そこにプジョー・リフターやシトロエン・ベルランゴが一挙にやってきた! とはいえこの2台は双子ちゃんですけどね。

度肝を抜かれたのは、あのインテリアです。フロントのセンターの天井にスケルトンのセルロイドのような荷物入れって! ここにこんなのつけちゃうの?ってかなりビックリさせられました。でもよ~く考えると、あれって電車の網棚みたいなもので、下から見た時に透けて見えるから置き忘れることもなく、そして運転席からヒョイッと手が届くから、いつも助手席に置いている荷物を置くことができるんです。

助手席に人を乗せている時って、そういった荷物を後席に置くしかなくなるわけで、でもベルランゴのような広いクルマだとそこにはヒョイッと手が届かなくなるわけで...。なかなか考えらた、そしてオシャレなシステムだと思うんですよね。

他にもサンバイザーの上にも荷物入れがありますが、これもサンバイザー下ろすと穴が開いていて下から見えるし、後部座席の天井の荷物入れも、室内側から見ると引き違い戸棚ですが、ラゲッジスペース側からはガバッと開くので見渡せるしと、入れっぱなしで忘れることがないようにと気遣われているのが伝わってくるんですよ。それをオシャレに魅せちゃうところが、さすがはフランス車ですよね。

「モジュールトップ」と呼ばれるルーフ部分の収納スペース。
後席頭上には「リヤシーリングボックス」を配置。
シトロエン・ベルランゴの姉妹車であるプジョー・リフター。デザインだけでなく、走りのチューニングも異なる。

第2位:ジープ・レネゲード4×e「電池とモーターとミッションのマジック」

ジープ・レネゲード4×e

レネゲードってね、丸目でかわいくて大好きなんですが、正直。ホントに誤解を恐れずに正直言っちゃいますよ。ガソリンモデルだと、あのちょっとした振動とかがどうしても気になっちゃってたんです。

でもこれが4×eモデルになっちゃった途端、一掃されちゃったわけですよ。これってすごくないですか! まさに電池とモーターとミッションのマジックなわけですが、私にとってネガティブ要素だったものが、まったくなくなっちゃったんです。正直本気で欲しくなっちゃってたりもして。

でもネ、ウチはマンションなんですよ。もちろんPHVだから充電できなくても走れるのは承知の上の話です。でもやっぱりPHVですから充電できた方が断然うまみがあると思うんですよね。でも、たまたま充電できるハイブリッド車と考えれば、なくはないのか...とかね。いろいろ考えちゃうわけです。

しかもね、コネクティビティ系統もスマホに上手く繋がるようになったから、使いにくさも一掃されちゃって、うん、かなりいいかも。オフロードで走ったら、ちょっと本気で悩んじゃうかもネ。

第1位:ランドローバー・ディフェンダー「ディーゼルエンジン搭載のショートボディが出たら...」

ランドローバー・ディフェンダー

ごめんなさいねぇ。前にもディフェンダーのこと書きましたけど、マジで気に入っちゃってるんだから仕方ないんです。そこはあきらめていただきたいっ!

カッコカワイイデザイン、無骨をオシャレに昇華させたインテリア、レンジローバーのごとく乗り心地もよく、居心地もよく、でもレンジローバーを、いやディスカバリーを上回る走破性の高さ。そして、レンジローバーをベースにしたから開発費が抑えられというお値段。どこを取っても言うことナシなんです。

とはいえ、我が家には1995mmの全幅が収まる車庫はないし、そういう方も多いと思います。でもね、まだ乗っていないけれど、あのショートボディの方、ディフェンダー90のディーゼルエンジンモデルなんて入ってきた日には、欲しい、欲しい、欲しい。どこかに車庫を借りてでも欲しい!と思うくらい欲しいんですよ本当に。

でもね、我が家の周りにはどこかに借りる車庫さえないことに気が付きました。これってヒョッとして?! 手に入らないからこそ、入れられないからこそ、いつまでも憧れられるっていう感じなのかもしれませんね。手にできる方がうらやましい限りです...。

同じ理由で手に入れられる状況にある方には、さすがはスポーツカーメーカーが作ったEVは、初物でも全然違うよね!と思えた、ポルシェタイカンも推したい気持ちです!

ランドローバー・ディフェンダー
左がショートボディの90、右がロングボディの110。90の全長は4510mmで、110よりも435mm短い。

2020年に買って良かったモノ:ルンバ

ルンバの隣にいるのは、ギタースタンドに立てた(笑)ダイソンです。
とうとうルンバ買いました。床に這っていたコード類を全部上に引っ掛けて、行ってほしくない場所は椅子で塞いだら、意外と大丈夫。たまに「ルンバが立ち往生しています…」とスマホにメッセージが届くのは、まぁご愛敬ってことで。

『2020年の推しカー』は毎日更新です!

いよいよ2020年もラストスパート! ということで、今年(2019年12月〜2020年11月)に発表・発売されたクルマ(マイナーチェンジ・一部改良・追加モデルなどすべて含みます)のなかから、「他人はどうかわからないが、個人的に大好きだ!」という"推しカー”を3台、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ