Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. スカイライン

予算300万で中古車を買う:スカイラインのクーペ、それのMTでお願いします!(じつはトロイダルCVTのグロリアも欲しい)

このエントリーをはてなブックマークに追加
くううううう、かっこいい……。

「300万円の予算で中古車を選んでください」。年末恒例の「欲しいクルマ企画」、motor-fan.jpの編集部リレーコラムでお届けします。トップバッターは、Motor-FanTECH.編集長のMZWこと萬澤龍太です。

じつは前から欲しくて仕方のないクルマがあって、本企画が提案されたときに「アレだな」と即座に思い出した。日本精工×出光興産×日産自動車が世に送り出した究極の変速機:エクストロイドCVTを載せたクルマである。

エクストロイドCVTはご存じ、一般的にはトロイダルCVT、もう少し詳しく言えばハーフトロイダル式のバリエータユニットを用いた世界で唯一の市販車用変速機。変速レンジは広く、広く知られるベルト&プーリ式のCVT勢が苦しむ伝達効率のデメリットはほぼ皆無、無段変速であるからして当然スムース&サイレントで、究極的には発進装置も要らない——

JATCO JR006E型トロイダルCVT。日産エクストロイドCVTの根幹をなすユニットである。

まずい、これを語ると止まらない。トロイダルの記事じゃなかった。まあとにかく、夢の変速機といえば個人的にはエクストロイドCVTにとどめを刺す。これを載せたクルマがかつて市販されていたというのがすばらしいのである。Y34型セドリック/グロリア、V35スカイラインに搭載されていた。

「でもお高いんでしょう?」。当時は確かに高価なクルマたちだった。だから!本企画ならなんとかなりそうだと考えたわけである。3車種の中では圧倒的にグロリア推し。あのパキパキしたボディに滑らかエクストロイドCVT……夢心地である。どれくらいのお値段かな——7件もある! 25万、69.9万、59万、59.8万、38万、59.8万、59万。えーと……300万円の企画だったな、ちょっと予算が余りますね……。

というわけで仕切り直し。そ、そうだ。インフィニティのクーペが欲しいと去年熱く語ったっけ。アレだ!——と調べたら、件のインフィニティQ60閣下は当然300万円なんぞで買えるはずもなく撃沈。そうですよね……。

Motor-Fan/tech編集長:萬澤龍太が選ぶ「欲しいクルマ・オブ・ザ・イヤー2019」MAZDA3は……1位じゃありません

年末恒例、当サイトの編集スタッフが「実際に欲しい!」と感じたニューモデルを発表する企画、それが「欲しいクルマ・オブ・ザ・...

あわせて読みたい

と、ここでまた思い出した。スカイラインのクーペが好きなんだった。

クーペという車形は、誤解を恐れず言えば、とにかく中途半端である。シートは4名以上なのに乗り込むときにはドアが2枚しかない。荷物はたくさん積めない。スポーツカーみたいに派手じゃないし、だったら屋根の開くクルマにしよう、という逃げもない。だから好きなのである。

スカイラインのクーペ、それのMTでお願いします。

スカイライン 370GT タイプS 6速ミッション【268万円】

年式 2013(平成25)年
排気量 3700cc
走行 1.7万km
車検 なし
修復歴 なし
車体色 レッド

たまらん。これはインフィニティGクーペ。

うおおかっけー。

このクルマを、どこもいじることなくフルノーマルで、だけどタイヤだけは最高級品にして、なんの気負いもなく(見えるようにして)さらりと乗り回したい。「ビジネスクルーザーです」とか言いながら。

美しい。やっぱりクーペですな。
スカイラインクーペ。日本仕様。なんかこの写真は個人的にイケていない。なぜだろう。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ