椅子ひとつで自然を満喫|スズキ・ジムニー(JA71C)でアウトドアへ

スズキジムニーの横にチェアを出している写真です
今回は、気軽にアウトドア! チェアリングにチャレンジ。軽食は忘れずに
最近注目を浴びている「チェアリング」。キャンプ用品等は持参せず、椅子ひとつで自然を満喫するアウトドアだ。お気に入りの場所を見つけたら(マナーやほかの人にも気を配ってね)、さっとチェアを出して四季折々の自然を味わう。風や光、そして薫りを愉しむ。そこには、フロントガラス越しで見る風景とはまたひとつ趣が異なった世界が拡がっている。

TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)
合わせて読みたい
「フランス軍のテント」をゲット|スズキ・ジムニー(JA71C)でアウトドアへ

チェアリングって……?

今回のお題は、チェアリング。ということで、所有しているチェアから今回は3種類ほどをピックアップしてキャンプ場へ。すべてロータイプだ。左から、展開するだけのチェア、中央はもっとも寛ぐことができるハイバックで肘かけ付。これは組み立てタイプだ。そして右が軽量な組み立て式のチェア。

所有しているチェアから3種類ほど。左から開くだけのチェア、肘かけ付の組み立てタイプ、小型で軽量な組み立て式のタイプ。

チェア選びは、実際に座って確かめることが最重要事項である。背もたれ、フレームが太もも等に当たらない?
使う場所はアウトドアだから、不安定な地面に対応する脚も重要。そこにも注目して、自分に合ったチェアを選ぶことを忘れてはならない。

組み立て式のハイバックのチェア。肘かけ付も、チラホラと各社から発売され始めた。このチェアは接続部分に樹脂パーツを使わない構造。ただし、夏の暑い時期に肘かけに力を加えると肘かけが落ちてしまうことがあり、結束バンドでストッパーを作り落下防止をほどごした。肘かけには片側にドリンクホルダーもある。

収納袋はフレームに装着して物入れとして利用できる。キャンプシーンで使うときは、各自のカトラリーを入れておくのにも良いだろう。このチェアは脚の先は固定式。地面に沈み込まないように工夫がされている。また、脚の高さは4本とも調整ができる。重量は約2kg。耐荷重は150kg。

右側のコヨーテカラーのチェアは所有しているなかでもっとも軽量で約1kg。フレームはアルミ合金製。パイプを接続するコネクターは樹脂。メインのフレームは2本のパイプを使う。耐荷重は120kg。2脚でも2kgと軽量、組み立ても簡単なので、ふたりで出かけるときにも良いアイテムだ。

左側のカラフルで可愛いチェアは、ワンタッチで開くタイプのコールマン製。組み立て式よりもかさ張り、重いが、さっと展開できることは魅力的だ。フレームはスチール製。重量は約2.2kgと組み立て式に比べて重いが、さほど気になる重量でもない。背もたれの後ろにはポケットが装備されており、ここに収納袋を入れておくと風で飛ばされたり紛失しなくて済む。また、チェアは風で倒れてしまうことがある。付属はされてはいないが、脚にペグダウンができるように設計されている。このあたりも老舗メーカーの気配りだろう。

小さなジムニーに小さなチェアひとつ。そこに座るとドライバーシートとは違う味わいがある。風、匂い、温度。
ポリバケツ色のジムニーに合わせて、ブルーのテーブルとコールマン製には珍しい可愛いチェア。

だんだんと寒さも増してきて、さすがに薄いチェアのファブリックでは冷たく感じるときもある。そんなときには小さめなマットを足す、という手もある。

季節的にもそろそろ冷えてくる時期、冷えないようにマットを足す方法もある。

このマットだけでもチェアリングはできる。むしろこれがもっとも軽量なチェアリングなのだろう。こんなところから始めてみるのも良いと思う。

自然のなかで軽食を

さて、座って風景を眺めていると、やはり飲物くらいは欲しくなる。そこで珈琲ブレイク。デンマーク、THE BREW COMPANY(ザ・ブリューカンパニー)が展開する「the COFFEE BREWER by GROWES CUP」。

ブレイクタイムはデンマーク、THE BREW COMPANY(ザ・ブリューカンパニー)が展開するthe COFFEE BREWER by GROWES CUP。独特のパッケージテクノロジー。これはかなりスタイリッシュでお勧めだ。
軽め〜重めの調整は2〜6分待ちカップに注ぐ。ミディアムは4分。

ランチだが、チェアリングの場合は近くのカフェやレストランで済ますのが良いと思うが、自分でも少しは手をいれたい。そこで簡単で美味しいピザ・トースト、レトルト食品のミートソースを使ったミート・トーストを作ることにした。おやつ程度に簡単に。

オーブンとしてCalifornia Patio製の燻製器を試す。これは薄型で携帯性が良いので、薄い食材ならオーブンとして使うことができる。CB缶やOD缶のバーナーを使用する場合、ガスのカートリッジへの熱対策は安全上重要である。遮熱板を使い、燻製器を縦に置き、しっかりとガスカートリッジへの加熱を防ごう。

ミート・トーストはパスタ用のレトルト食品をそのままパンに塗る。ピザ・トーストは、まずはケチャップ。ピザソースも同じだが、ナイフよりもお玉のほうが広げやすい。ピザ専門店の技だ。

パン2枚が燻製器にちょうど良く納まる。
最後までお読みいただきありがとうございます。家々にともる灯り。特に電球色は望郷感を引き出します。街にもイルミネーションが戻って来ました。各家々に、ともる灯火。とくに電球色は望郷感を引き出してくれるので好きです。次回は形の良いLEDランタンや灯油ランタン等をやってみましょうか。

帰りを遅らせて、人よりちょっと遅くまでアウトドア。静まり返った夕陽のなか、ゆるりと過ぎゆく時もまた、良いものです。それではまた来週お目にかかります。

著者プロフィール

伊倉 道男 近影

伊倉 道男

フォトグラファー。国学院大学法学部法律学科卒。アパレル会社にて総務人事、営業を経験。その後、但馬 治…