【2021年の推しカー|ホンダ・ヴェゼル】力作揃いの日本車のなかでも新鮮なスタイリングで一等賞に!(河村康彦)

ホンダ・ヴェゼル
ホンダ・ヴェゼル
2021年1月〜2021年12月の1年間に発表・発売されたニューモデルのなかから、思いっきり個人的な観点からベスト3を選出していただくこの企画。国内外の新車に多数試乗された河村康彦さんが選んだ「2021年の推しカー」は、すべて日本車に。2021年の日本車は、近年稀に見る力作揃いだったという。その中でも1等賞に選ばれたのは、ホンダ・ヴェゼルだ。

TEXT●河村康彦(KAWAMURA Yasuhiko)

本来の目的は「CO2排出量の削減」であるはずなのに、結局技術的に追いつけなかった(?)ハイレベルな仕上がりを見せる日本発のフルハイブリッド・モデルを排斥したいという目論みもあってか、近い将来にピュアなEV専業メーカーとなることをほのめかすブランドも複数現れるなど、まるで何かに取り憑かれたかのように電動化への道を邁進する姿が目立った欧州の各メーカー。

その結果、明らかにピュアEVへの転換途上と思われるPHEVが多数設定されるなど、”過渡期”というイメージがどうしても抜けないニューモデルばかりが現れたように思えてしまったのが2021年の欧州車界。一方で、コロナ禍に起因する半導体不足などが招いたと伝えられる発表・生産の遅れがむしろプラス側に働いたという側面もあるのか、今年現れた日本車の多くが、いずれもバリバリのニューモデルでありながら、すでに「熟成」という2文字をイメージできる仕上がりの持ち主であることは、ちょっと意外でもあった。

というわけで、近年稀に見る力作揃いと思えるそうした日本車のなかにあっても、特に心に残る印象を味わわせてくれたのがここに掲げた3車種。

第3位:三菱アウトランダーPHEV

「欧州プレミアムSUVと戦えるようになった!」

3位の新しい三菱アウトランダーは、“威風堂々”が開発のテーマでもあったということで、一見した段階での存在感が確かに大幅に向上。正直なところ、従来型では「ちょっと貧相…」と思えたインテリアの質感も大きくリファインをされて、今度は一気に欧州プレミアムSUVと戦えるようになったと思わせてくれたところもマル。

このモデル、まだプロトタイプを用いてのサーキット限定のテストドライブができたのみで、それゆえ一般公道での使い勝手やコンフォート性が不明というのが3位に留まった理由でもあるものの、そんな限定シーンでの走りの印象は二重マルだったというのもまた事実。欧州の人たちにこそ見て貰いたい逸品ながら、「選択と集中」という経営戦略から、そんな市場からの撤退を決めてしまったというのが残念。

三菱アウトランダーPHEV
三菱アウトランダーPHEV

第2位:日産ノート/ノート オーラ

「低速での乗り味がもう少ししなやかなら一等賞!」

逆に、日本専用とすることが良い方向に作用したと思えるのが、”eパワー”のみへと割り切った日産の新型ノートとオーラに代表されるその派生モデル。高速域で効率ダウンが激しいとされるエンジン直結モードを持たないシリーズ式のハイブリッド・システムの採用も、確かに制限速度が120km/h上限の日本においてはあまりウィークポイントにはなりそうにナシ。その上で、エンジン始動はロードノイズなどの暗騒音が大きな領域を中心に設定いった従来型での知見に基づくと思える制御などが秀逸。

インテリアの仕上げなども日本人好みとしたことが伺えるものになっているのが好印象で、これであと、低速での乗り味がもう少ししなやかさを感じさせてくれれば“一等賞”だったのに。

日産ノート
日産ノート
日産ノート オーラ
日産ノート オーラ

第1位:ホンダ・ヴェゼル

「内外装の質感が高く、スタイリングも新鮮!」

で、まさにそうした部分にアドバンテージがあって内外装の質感が高く、好評を博した従来型に別れを告げたスタイリングも新鮮という事から見事1位に輝いたのがホンダの新型ヴェゼル。実を言えばパワーユニットがちょっと非力なのが残念で、特に主役と思えるハイブリッドの方は、上り坂などでエンジンが始動するとそれまで優秀だった静粛性が一瞬にして台無しになってしまうのが何とも惜しいものの、逆に言えば指摘をしたい点はそのくらい。

というわけで、今年登場車の個人的ベスト3はなんと全部日本車ということに!

ホンダ・ヴェゼル
ホンダ・ヴェゼル

2021年に買って良かったモノ:ボディカバー

2021年中の買い物で「これは買って良かった」と思えたのは実はボディカバー。風にも強く、訳あって1ヵ月以上放置した後も、チリひとつ見られなかったのには感動! 5万円近くした高価な一品なれど、コスパの高さは折り紙つき。

著者プロフィール

河村 康彦 近影

河村 康彦

1960年東京生まれ。モーターファン(三栄書房)の編集者を経て、1985年よりフリーランスのモータージャー…