【火曜カーデザイン特集 プラス1】 ヒョンデ・アイオニック5 動画デザインレポート

ヒョンデ・アイオニック5 昔見たSF映画のような、だけど先端な異次元のカタチ

現在注目されているヒョンデ・アイオニック5。すでに誰でもが利用することができるエニカのシェアリングを利用して、そのモデルのデザインに迫ってみた。

今、大きな注目を集めるクルマ。それがヒョンデ・アイオニック5。完全なBEVとしてワンチャージ618km(WLTCモード/アイオニック5ラウンジ)を超える走行距離など、性能面でも魅力満載なのだが、何よりも注目されるのはそのデザイン。K-POPミュージックや映画、ドラマなどカルチャーの側面でも注目される韓国から、また新しいトレンドセッターが登場となったのか?

↑上をクリックしてください

新しいのに、どことなく肌感覚になじむ。そんなコリアンカルチャーの、次のターゲットはなんとクルマ!? なのか? 前回のレポートに引き続き、ここではアイオニック5の特徴を動画にまとめてみたので、ぜひともご確認ください。

著者プロフィール

松永 大演 近影

松永 大演

他出版社の不採用票を手に、泣きながら三栄書房に駆け込む。重鎮だらけの「モーターファン」編集部で、ロ…