MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/29
  • Motor Fan illustrated編集部 生江凪子

【SUBARU XVとインプレッサSPORT雪上2台同時試乗の旅】超初心者さんでも、コレなら安心安全なドライブが愉しめる!

SUBARU XVとインプレッサSPORTを雪上で比較試乗。超初級ドライバーさんにも乗りやすい安心安全そして愉しいクルマ、さてどっち?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラマンさんに撮影いただくと、なんだか8割増で運転が上手く見える、気がする……(PHOTO:SUBARU)
1月初旬にSUBARUさんから『SUBARU テックツアー第8弾 SGP×AWD 雪上公道試乗会』の案内が届いた。
最新のSUBARU GLOBALPLATFORM(SGP)そして、シンメトリカルAWDを採用するモデルで青森市内から八甲田エリア、安比高原スキー場までをSUBARU XV とインプレッサSPORTで走破できる、というプログラムだ。
初心者ドライバーでも安心して乗れるクルマ、そして安全なクルマを探す旅へ! いざ青森!

Report&Photo:Naco NAMAE

雪上や氷上試乗、というとたいていがクローズドのコースで行なわれるため、公道、しかも青森から岩手を縦断というコース設定に「絶対行きたい!」と、ほかの編集部員を牽制しまくって無事に参加権を獲得。
初心者ドライバーでも安心して乗れるクルマ、そして安全なクルマを探す旅へ! いざ青森!

こんな雪道でも愉しんで走ることができる(PHOTO:SUBARU)

今回は「初心者」そして「女性」という目線で

試乗車として準備されたのは、XV(1.6 i - L EyeSight/2.0 i - L EyeSight/2.0 i - S EyeSight)そして、インプレッサSPORT(2.0 i - L EyeSight/2.0 i - S EyeSight)、インプレッサG4(2.0 i - L EyeSight/2.0 i - S EyeSight)の3車種7グレード。

そのなかから、XVとインプレッサ(SPORTかG4)各1台、2車種の試乗ができる。
厳選なる抽選(紐つきアメちゃん方式)により、我がMotorFan illustrated編集部(毎月15日発売です!)の試乗車は、SUBARU XV(2.0i-L EyeSight/サンシャイン・オレンジ) とインプレッサSPORT(2.0i-S EyeSight/クォーツブルー・パール)に決定。

乗り換えポイントの昼食会場まではXV、乗り換えて安比までインプレッサSPORTという順番で試乗することになった。

ちなみに私、運転は大好きなのですが上手ではありません。もっと言えば、雪上を走ったのは5年以上も前の話。マイカーを手放したこともあって、自分でハンドルを握ることすらもとんとご無沙汰なのです。諸事情により一番近々に運転したのは、昨年の11月にSUGOサーキットでトラクターヘッドを運転したくらい(クルマ雑誌の編集部に身を置いているクセにどうなんだろう、と日々自問自答中)。

すごい雪壁。この状況で運転するのは久々……

そんな私の試乗記なので、基本は日記のようなものです。私のように「運転苦手だなぁ」って思っているかたが、「運転が苦手だって思っているの私(僕)だけじゃないんだ」とか思って読んでいただけたら幸い。さらに初心者のかたがXVやインプレッサSPORTを検討していて、購入する際のほんのちょ~っとした参考にしていただけたら、とってもうれしいです。

クルマの購入は、とても大きなお買い物ですからね! いろんな情報を調べるなかで、たまには運転が苦手な人のレビューがあってもいい……ということにしてください!
クルマに詳しいかたや運転技術に自信のあるかたは「クルマ雑誌の編集してるクセに」と笑い飛ばして、一緒に試乗会へ行った編集部員の記事へGOGO!


さて、コースは前述したように青森市内から安比高原スキー場まで、全長約185キロの道のり。
私は編集長・スズキと同乗だったので、約半分ほどステアリングを握りました。

いまだから白状すると、運転したくなかったのです。もっと白状するならば、じつは運転する気がなかったのです。久々すぎて怖いし、試乗車をぶつけでもしたら大変だし(何もなかったから書けますが……)。特にいままで私はSUVを自己所有したことがないので、その部分に対しても不安感は拭えません。

でも、編集長にも先輩・小泉にも『乗らないなんてありえない! ちゃんと運転しろ~!』と言われ、ステアリングを握る羽目に(こんなことを書くと、そんな奴が乗ったのかっ? とSUBARUの方がさぞ肝を冷やすこととなりますね……申し訳ありません!)。

まずはXV!

試乗コースは『天は我々を見放した……』のセリフ(映画:八甲田山)でも有名な、まさに八甲田山雪中行軍の場所。途中、碑があります。そこまでは、編集長の運転。
その道中、ちょっと寄り道して、SUBARUさんオススメの酸ヶ湯温泉へ立ち寄り。

お風呂上がり、もう笑うしかない……

うっれし~な~、運転前に温泉に浸かってリラックスだ……って堂々と入ったら……あれ? 入るところ間違えた!? コッチは、こ、混浴やんけ~っ!
すぐに鼻まで入泉、潜水艦にでもなった気持ちで潜伏し、湯気にまみれて誰にも見つからず脱出することに成功!
試乗する前から、超緊張・サバイヴ感満載。

前段が長くなり申し訳ありません。そんな間抜けな話はどうでもよく、ドライバー交代です。雪中行軍の碑を見て交代、と思っていたら、雪深すぎて碑は見られず。残念。

まずはシートを合わせないと

ドライバーズシートへ座ると、まずはそのフィット感に驚きます。
私の身長は164センチ。身長は普通だと思いますが、少し手が長め(残念ながら脚は普通)。

目線が高いSUVならでは、そして視界良好な車体で、ミラーもシートもステアリングも、すぐにジャストな位置に合わせることができました。
ここ、私にとっては結構重要なポイント。
私は、自分の体格とクルマが合っていない=自分の視野に対して死角が多い、と常々思っているので、ポジションが合わせずらいと少々構える。
そして、一所懸命ベストなポジションを探そうと四苦八苦して、結果なかなか決まらない、となるのです。
今回は、シートからミラー、ステアリングがスッと決まって、気持ちがいいほど。
体格に対して大きすぎるかな、と思っていたので驚きました。
諸元表を見てみると、4465×1800×1550mm(全長×全幅×全高)。なるほど、見た目より意外やコンパクトなんですね。
試乗車に装着されるタイヤはブリヂストンのBLIZZAK VRX2(ブリザック ヴィ アール エックス ツー)。XV 2.0i-L EyeSightのタイヤサイズは225/60R17(2.0i-S は225/55R18)。

四輪駆動の素晴らしい性能を持つSUBARU、そして北海道・北東北主要5都市での装着率がナンバーワン・2台に1台がブリザック、というほど、雪道への信頼性が厚いブリヂストンタイヤを揃えられたら、言い訳できないですね。はい。

シートポジションも調整できたし、じゃあ、行きますか。
ソロソロとアクセルを踏み始める……

試乗日の1月19日は本当にいいお天気でした!

走り出しから、その安心感に驚く

走り出しから、とにかく愉しい!

1月の割には非常に天気が良かったことも幸いし、雪道なのに走り出した瞬間からまるで東京で走っているかのように運転することができる。
SUVの車高の高さも相まって、かなり運転がラク。試しにストップ&ゴーを繰り返しても滑ることなく、どっしりと走ってくれて頼もしい。
一番は、乗ったばかりなのにもう購入して1ヵ月一緒の相棒、というかのようにしっくりくる乗り心地。これにはかなり驚きました。女性にもシートが合いやすいところはポイント高いです。

ひとつだけ。少し気になったのはAピラー。私のドライビングポジションに対して少しAピラーの角度が寝すぎているかなぁと感じたこと。雪壁に囲まれているためカーブの先は見えづらく、右カーブで視線を向けると右側のAピラーが視野のなかに入ってしまい、どうしても少しだけ顔を前に出すことに。
ポジションの問題ももちろんありますが、少しだけ気になりました。もちろん両側が雪壁じゃない場所では、ほぼ気にならず。雪壁路を除けば、まったく不安なく走行することができました。

「怖いので、止まっているみたいに遅く走りますよ!」と走行前宣言をしていた私ですが、走り出したらその安心感に普通に流れに乗ってスイスイ運転。まぁ、流れというほどクルマは走っていなかったけれど……。

後ろから恐ろしい勢いで近づいてくる先輩……

ただ、朝のプレゼンで「12時45分には昼食会場にお越しください」と言われていたのに、あと残り40キロの時点で、時計は12時30分。明らかに間に合っていない。間に合う気もまったくしない。
「クルマには無線機が入っているので、何かあったら無線で」とも言われていたので、「5号車のモーターファン・イラストレーテッドですが、45分までには着きません」と飛ばしてみる。
……反応なし、と思ったら少しおいて返答が!
「モーターファン・小泉です。いま、聞こえませんでした」
先輩・小泉と話しただけで終わりました。
「大丈夫だから、自分のペースで走っていいからね」と編集長に言われたので、焦る気持ちを抑えながら慎重に運転。

とはいえ、あまり遅れすぎるわけにもいきません。昼食を食べ損なうことだけはあってはならない! 少しは頑張って走らないと。
あまり他にクルマも走っていないし、ほんの少しだけスピードを出したほうがいいかな、と思ったとき……対向車が来た。スピードを出していたわけではないが対向車がバスだったから驚いて、少し強めにブレーキを踏んでしまった!

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る