MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/12
  • MotorFan編集部

【サイズ比較】新型スバル・レガシィ vs マツダ・アテンザ vs トヨタ・カムリ

ボディサイズ、ホイールベース、タイヤサイズなど、新型レガシィのライバルモデルとの違いを写真や数値で比べてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
シカゴオートショーで公開された新型七代目レガシィ。六代目レガシィB4と新型七代目レガシィ(米国仕様)の寸法は、全長が40mm長くなっただけで、全幅と全高、ホイールベースは変更されていない。
シカゴオートショーで世界初公開となった新型スバル・レガシィ。2.4ℓ直噴ターボエンジンを搭載しSUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで進化を遂げたフラッグシップセダンだ。そこで、今回は新型スバル・レガシィのライバルとなるであろう、マツダ・アテンザとトヨタ・カムリとのボディサイズ等を比較してみる。

【新型スバル・レガシィ(米国仕様)】■全長×全幅×全高=4840mm×1840mm×1500mm ■最低地上高=150mm

【マツダ・アテンザ】■全長×全幅×全高=4865mm×1840mm×1450mm ■最低地上高=160mm

【トヨタ・カムリ】■全長×全幅×全高=4885mm×1840mm×1445mm ■最低地上高=145mm

【新型スバル・レガシィ(米国仕様)】■サスペンション=前:未発表/後:未発表 ■タイヤサイズ=225/55R17 or 225/50R18

【マツダ・アテンザ】■サスペンション=前:ストラット/後:マルチリンク ■タイヤサイズ=225/45R19

【トヨタ・カムリ】■サスペンション=前:ストラット/後:ダブルウイッシュボーン ■タイヤサイズ=235/45R18

【新型スバル・レガシィ(米国仕様)】■ホイールベース=2750mm ■トレッド=前:未発表/後:未発表

【マツダ・アテンザ】■ホイールベース=2830mm ■トレッド=前:1595mm/後:1585mm

【トヨタ・カムリ】■ホイールベース=2825mm ■トレッド=前:1580mm/後:1585mm

ホイールベースの数値に違いが

 新型スバル・レガシィ(北米仕様)とアテンザ、カムリともほぼ寸法に違いはない。ただし、ホイールベースは、他の2台と比べ短くなっている。

 トレッドはまだ発表されていないが、他の2台とほぼ同じだと想定した場合、挙動が他の2台とどのような違いを見せるのかが楽しみなところ。

 また、全長も他の2台より短いが、室内の居住空間がどのようなものになっているのか。興味は尽きない。


【新旧比較】新型スバル・レガシィのボディサイズを現行モデルと比較する〈七代目SUBARU LEGACY〉
←六代目レガシィB4と新型七代目レガシィの寸法の違いはこちらをクリック!

【速報】新型スバル・レガシィ登場! 〈七代目SUBARU LEGACY〉
←新型スバル・レガシィのレポートを読みたい方はこちらをクリック!

【公式動画でチェック】新型スバル・レガシィ 〈七代目SUBARU LEGACY〉
←新型スバル・レガシィを動画で見たい方はこちらをクリック!

新型スバル・レガシィとアウディA4を比較する
← スポーツサルーンの日独対決はこちらから

【新旧比較その2】新型スバル・レガシィ、いろいろ比べてみる〈七代目SUBARU LEGACY〉
←現行レガシィB4との違いはこちらから

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る