MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/11
  • MotorFan編集部

新型スバル・レガシィとアウディA4を比較する

スポーツサルーンの日独対決

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本への導入が待たれる七代目新型スバル・レガシィだが、その上陸までの間に、欧州製の競合モデルと比較して期待に胸膨らませて待ってみよう。まずは縦置きエンジンとAWDによるスポーツサルーンとしての地位を競い合うライバルとの比較だ。

新型七代目レガシィ(米国仕様) 全長×全幅×全高:4840×1840×1500mm ホイールベース:2750mm

アウディA4 45 TFSIクワトロスポーツ 全長×全幅×全高:4755×1840×1410mm ホイールベース:2825mm

 アウディA4はレガシィと同様に縦置きエンジンにAWDというレイアウトで、素直な操縦性に走行安定性を兼ね備えた1台だ。
 
 A4の全長はレガシィと較べて85mm短いが、反対にホイールベースは75mmも長い。さらに90mm低い全高とあいまって、伸びやかなデザインとなっている。なお全幅は同値である。
 
 だが、価格帯はまったく異なる。先代レガシィと現行型A4の比較になるが、かたや2.5ℓ水平対向4気筒+AWDで302万4000円、こなた2.0ℓ直4ターボ+AWDで624万円と倍以上である。
 
 最廉価グレードの35TFSIを選んだとしても447万円。だが、これは1.4ℓターボのFWDモデルの価格。あらためてお買い得なAWDサルーンというレガシィの立ち位置を認識することになった。


新型スバル・レガシィ登場! 〈七代目SUBARU LEGACY〉

【新旧比較】新型スバル・レガシィのボディサイズを現行モデルと比較する〈七代目SUBARU LEGACY〉

【新旧比較その2】新型スバル・レガシィ、いろいろ比べてみる〈七代目SUBARU LEGACY〉

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る