Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. GLE

メルセデス・ベンツの新型「GLEクーペ」が上陸! 税込1186万円から

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月11日、メルセデス・ベンツ日本は新型「GLEクーペ」の日本導入を発表し、同日より注文受付を開始した。税込車両価格は「GLE 400d 4MATICクーペ スポーツ」が1186万円、「メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+クーペ」が1421万円で、カスタマーへの納車は6月下旬からを予定している。

ボディサイズ拡大でさらに存在感がアップし、居住性や積載性も向上。先進技術や装備も積極的に導入

 GLEクーペ」は2016年に誕生。メルセデス・ベンツSUVの中核モデルGLEをベースに、スタイリッシュでSUVらしい存在感、走行性能と利便性を備えたモデル。二代目となる新型は、SUVクーペとしての個性を引き継ぎながら、内外装デザインを一新し、最新技術と装備を搭載して生まれ変わった。

 ボディサイズは全長4955×全幅2020×全高1715mmで、ホイールベースは2935mm。このディメンションは従来型に比べて65mm長く、5mm幅広く、15mm低い。ホイールベースは20mm拡大している。

 内外装のデザインは、メルセデス・ベンツの新世代デザインが採用され、さらにスポーティで洗練された。ロー&ワイドなボディに21インチサイズの大径ホイール組み合わせるアピアランスは、質の高い走りのイメージと個性的なルックスを高次元で両立させたものといえる。

 ボディサイズの拡大によって室内の居住性や積載性が向上。荷室は655〜1790ℓと、クーペスタイルでありながら十分な容量を確保。この容量は従来型より70ℓのプラスとなっている。また、エアサスペンションを標準装備している効果で、ボタン操作でラゲッジフロアを50mmダウンさせることができるほか、リヤバンパーの下側に足を近づけるだけでリヤゲートが開閉できる「フットトランクオープナー(テールゲート自動開閉機能)」が標準装備されている点も特徴だ。

 ラインナップは、330ps/700Nmを発揮する静かでスムーズな3.0ℓ直列6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載の「GLE 400 d 4MATIC クーペ スポーツ」と、435ps/520Nmを発する3.0ℓ直列6気筒ターボエンジンに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)や48V電気システム、および電動スーパーチャージャーを組み合わせ、さらに可変トルク配分を行う、パフォーマンス志向の四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を採用する「メルセデスAMG GLE 53 4MATIC+ クーペ(ISG搭載モデル)」の2グレードが設定された。

 新型GLEクーペには先進の運転支援システムや、自然対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が標準装備。さらにテレマティクスサービス「Mercedes me connect」が標準設定され、安心・快適・便利なカーライフをサポートする。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ