Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. N BOX

2トーンボディカラーに専用のホイールとインテリアを組み合わせた「コーディネートスタイル」を追加 ホンダN-BOXがマイナーチェンジで抗ウイルス用品「くるますく」を初めて設定、内外装と走りの質感もさらにアップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダN-BOX L コーディネートスタイル(左)、N-BOXカスタムL・ターボ コーディネートスタイル(右)

2017年8月に二代目となって以来3年連続で年間新車販売台数No.1の座を獲得しているホンダの超背高軽ワゴン「N-BOX」がマイナーチェンジ。内外装と走りの質感をさらに高めながら、今まさに必要とされている抗ウイルス用品を初めて設定した!

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
PHOTO●遠藤正賢、本田技研工業

バンパー下部にメッキモールが追加されたN-BOXカスタムのリヤまわり

エクステリアの変更はまさに「フェイスリフト」というべきもので、標準仕様、エアロ仕様の「カスタム」ともフロントマスクを中心にリファイン。具体的には、標準仕様はヘッドライト内部とグリルのデザインを変更しメッキ部を増やすことで、より落ち着いた雰囲気に。カスタムはフロントバンパー・グリルを一新し開口部を拡大しつつ、リヤバンパーも下部にメッキモールを追加することで、押し出しの強さとワイド感をさらに強めている。

標準仕様の運転席まわり
標準仕様のフロントシート

カスタムの運転席まわり
インテリアは色味の変更が中心で、標準仕様はインパネ・トリム色をベージュ×ブラウンからダークブラウン×ベージュに一新。カスタムはブラック×ガンメタのインパネ・トリム色を継承しつつ、加飾パネルとシートアクセントの色を変更することで、スポーティさを強調した。

N-BOXコーディネートスタイル。ボディ色は手前よりプラチナホワイト・パール、ピーチブロッサム・パール、プレミアムアイボリーパール2
N-BOXコーディネートスタイルの運転席まわり

また、2トーンボディカラーと専用のホイールおよびインテリアをセットにした「コーディネートスタイル」が新たに設定されたのも、大きなトピックだろう。標準仕様はディッシュホイールとメッキドアハンドルが装着されるとともに、ルーフ色およびシート表皮、加飾パネルがブラウンで統一される。

N-BOXカスタム コーディネートスタイル。手前よりプレミアムクリスタルレッド・メタリック&ブラック、プラチナホワイト・パール&ブラック、ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー
N-BOXカスタム コーディネートスタイルの運転席まわり

カスタムは外装にダークメッキ加飾とカラークリア仕上げのアルミホイール、内装に黒のフル合皮シートとボルドーの加飾パネルが装着される仕様となり、いずれも軽自動車とは思えない質感の高さに仕上がっている。

「ホンダセンシング」の機能一覧

また、ADAS「ホンダセンシング」もアップデート。リヤバンパーに装着されるソナーが従来の2個から4個に増え、後方に障害物が接近したことを知らせる「パーキングセンサーシステム」が新たに実装されるなど、機能の充実が図られている。

ただしACC(アダプティブクルーズコントロール)は、「EPB(電動パーキングブレーキ)やドラムブレーキといったハードウェアに加え、制御も全部入れ替えなければならない」(宮本渉チーフエンジニア)ことから、N-BOXより後に発売されEPBが全車に搭載されたN-WGNやN-ONEのように渋滞追従機能を盛り込むことは見送られ、作動速度域は30~120km/hのままとされたのは残念でならない。

ターボエンジンの燃料蒸発量抑制策
CVTの「Gデザイン制御」および「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」イメージ
ドライブトレーンの振動・騒音低減策

パワートレーンにも細かな改良が加えられた。S07B型直列3気筒ターボエンジンは、ジェットポンプの追加などにより燃料蒸発量を抑制。CVTには、アクセル開度に対しリニアにエンジン回転を高める「Gデザイン制御」と、減速時にステップ変速を行う「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」が、新型N-ONEに続いて採用された。さらに、CVTのファイナルギヤ、FFターボ車のドライブシャフト、4WD車のプロペラシャフトがN-WGNと同様のものに改良され、振動・騒音が抑えられている。

上部のグレーのメッシュが「くるますく」。下は標準装備の「エアクリーンフィルター」
「くるますく」によるウイルス減少作用イメージ
「くるますく」のリン酸亜鉛化成処理工程と表面突起サイズごとの効果イメージ

そして、ともすればこれらの改良以上に大きな注目を集めそうなのが、今回初めてディーラーオプションとして設定される抗ウイルス用品「くるますく」だ。

これはエアコン用「エアクリーンフィルター」の上に被せるタイプのメッシュで、ボディの防錆に使われているリン酸亜鉛を化成処理したもの。その化成処理の際に細かな突起を作ることで、ウイルスを減少させる効果を与えている。これにより、エアコンを約15分間内気循環させることで、車内に浮遊しているウイルス飛沫を99.8%以上除去することを可能にした。

「くるますく」開発責任者の越後隆治氏によれば、当初はカーシェアリング車両の車内衛生環境維持をメンテナンスフリー化することを主眼として開発されていたが、昨今のコロナ禍を受け、N-BOXのマイナーチェンジに間に合うよう短期間で開発が進められたのだという。

細部にわたり改良が施された、マイナーチェンジ版N-BOXのグレード構成および価格は下記の通り。これで後発のライバルたちを再び引き離すか!?

【N-BOX】(FF/4WD。消費税10%込み)
G…142万8900円/156万2000円
L…155万9800円/169万2900円
L・ターボ…175万8900円/189万2000円
EX…165万8800円/179万1900円
EX・ターボ…180万9500円/194万2600円
L コーディネートスタイル…177万9800円/191万2900円
L・ターボ コーディネートスタイル…188万9800円/202万2900円

【N-BOX スロープ仕様】(FF/4WD。消費税非課税)
G・スロープ…162万9000円/175万円
L・スロープ…174万8000円/186万9000円
L・ターボ・スロープ…192万9000円/205万円
L・スロープ コーディネートスタイル…194万8000円/206万9000円

【N-BOXカスタム】(FF/4WD。消費税10%込み)
L…176万9900円/190万3000円
L・ターボ…196万9000円/210万2100円
EX…187万9900円/201万3000円
EX・ターボ…201万9600円/215万2700円
L コーディネートスタイル…197万8900円/211万2000円
L・ターボ コーディネートスタイル…209万9900円/223万3000円

【N-BOXカスタム スロープ仕様】(FF/4WD。消費税非課税)
L・スロープ…198万9000円/211万円
L・スロープ コーディネートスタイル…210万9000円/223万円

■ホンダN-BOX L コーディネートスタイル(FF)
全長×全幅×全高:3395×1475×1790mm
ホイールベース:2520mm
車両重量:900kg
エンジン形式:直列3気筒DOHC
総排気量:658cc
最高出力:43kW(58ps)/7300rpm
最大トルク:65Nm/4800rpm
トランスミッション:CVT
サスペンション形式 前/後:マクファーソンストラット/トーションビーム
ブレーキ 前/後:ベンチレーテッドディスク/ドラム
タイヤサイズ:155/65R14 75S
乗車定員:4名
WLTCモード燃費:21.2km/L
市街地モード燃費:18.7km/L
郊外モード燃費:22.5km/L
高速道路モード燃費:21.6km/L
車両価格:177万9800円

ホンダN-BOX L コーディネートスタイル

ホンダN-BOX|これがオーナーの本音レビュー! 「燃費は? 長所は? 短所は? N-BOXで幸せを感じる瞬間は?」

3年連続(2017〜2019年)で新車販売のトップに輝いているホンダN-BOX。なぜ、N-BOXはそんなに人気があるのか? それを解明す...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ