テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/17
  • 遠藤正賢

京セラの最新技術をGLM製「トミーカイラZZ」に搭載し「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」で一般公開!

高精細・高感度車載カメラを活用した電子ミラーやサラウンドビューシステム、触覚伝達ディスプレイなどを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
トミーカイラZZ
 セラミック関連製品大手の京セラと、「トミーカイラZZ」のEV化や4ドア4シーターEVスーパースポーツコンセプト「GLM G4」を手がける京都大学発のEVベンチャー・GLMは5月14日、「トミーカイラZZ」に京セラの最新技術を搭載したコンセプトカーを5月22日に正式発表し、5月23~25日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」で一般公開することを明らかにした。

 このコンセプトカーには、京セラ独自の光学設計による高精細・高感度の車載カメラを活用した電子ミラーやサラウンドビューシステムのほか、パネルを指でタッチした際に微細な振動でクリックしたことを伝える触覚伝達技術「HAPTIVITY」を搭載したディスプレイなど、「安全・安心かつ快適」な運転をサポートする最新のデバイスやシステムが多数実装される。

 実車は「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」の京セラブース、小間No.304で確認することができる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る