MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/09
  • MotorFan編集部

新型トヨタ・スープラに接近遭遇10cm。そこから見えたA90スープラの中身。

次期TOYOTA SUPRA(A90)@京都・嵐山高雄パークウェイ

このエントリーをはてなブックマークに追加
突然目の前に現れたA90型次期スープラ
10月7日に京都の嵐山・高雄パークウェイに突然現れた新型スープラ(A90)の開発テスト車両。大勢のクルマ・ファンの前で走行までしてみせてくれた。カムフラージュが施されていたとはいえ、レーシングバージョンではなく市販に向けたモデルの試作車。そのクルマを間近で見ることができた。

 突然目の前に現れた次期トヨタ・スープラ(A90型)。擬装が施されているとはいえ、さすがに至近距離で見ればあらためてわかることもある。

 同じパターンのカムフラージュだが、細部が違うことから、グッドウッドで登場した固体とは違う。ヨーロッパで走らせているテスト車とは別の日本国内で開発テストを行なっている車両なのだろう。おそらく量産試作の初期のモデルではないか?

 サイズは、兄弟車であるBMW Z4とほぼ同じはずだ。Z4は、全長×全幅×全高:4324×1864×1304mm ホイールベース:2470mmである。ホイールベースは、おそらく共通。全長はスープラの方が若干長いように見えた。Z4はBMWの伝統に則り、前後重量配分は50:50だが、スープラはどうなのだろうか。

新型BMW Z4

 タイヤは、ミシュランのPilot Super Sport。サイズはフロントが255/35ZR19、リヤが275/35ZR19の前後異サイズを装着していた。Z4の最上級グレードであるM40iのタイヤサイズは、フロント255/40ZR18 、リヤが275/40ZR18。オプション設定されるよりスポーティなタイヤが、今回のスープラ@京都が履いていたサイズと同じだ。

フロントタイヤは、ミシュランのPilot Super Sport 255/35ZR19
リヤタイヤは、275/35ZR19

ブレーキは、外から見る限り、特別なものには見えなかった。ローターはごく普通のスチール製で、スリットも孔も開けられていなかった。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る