MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 三菱 > エクリプスクロス > 三菱 エクリプスクロス:力強さの点では満点! CVTならではの柔軟かつリニアな変速にも満足。
  • 2018/10/23
  • MotorFan編集部

三菱 エクリプスクロス:力強さの点では満点! CVTならではの柔軟かつリニアな変速にも満足。

三菱自動車が久々に投入する新型モデル、 ECLIPSE CROSSを世良耕太が試す

このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱 エクリプスクロス 4WD G Plus Package:309万5280円
三菱自動車にとって久々の新車がエクリプスクロスだ。競争激しいSUVカテゴリーに三菱が満を持して投入したモデルだけに、完成度も高い。1.5ℓダウンサイジングターボエンジンと三菱得意のS-AWCシステム、個性的なスタイリングとライバルと互角に戦えるポテンシャルを持っている。このエクリプスクロスをジャーナリスト、世良耕太が試した。

TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

 エクリプスクロスは三菱自動車の久々の新型モデルなので、否が応でも期待は高まる。その久々の新型モデルを、人気絶賛沸騰中のコンパクトSUVのカテゴリーに投入してきたのは、商品戦略を考えれば当然のことだろう。せっかく新しいモデルを出すのだから、数が見込めるカテゴリーに投入したい、というわけだ。

 だが逆の見方をすれば、競争が激しいということでもある。トヨタC-HRがいて、マツダCX-3がいて、日産ジュークがいて、ホンダ・ヴェゼルがいてスバルXVがいる。どのモデルにもそれぞれ持ち味がある。エクリプスクロスは三菱ブランドならではの持ち味を打ち出すことができているだろうか。

 凡庸では埋もれてしまう。だから、ということなのだろうか。エクリプスクロスのエクステリアはなかなか個性的だ。メカメカしいし、ロボットがトランスフォームしたようでもある。力強さの点では満点で、そうしたイメージを求める層には刺さるルックスだろう。

3点式ストラットタワーバーで補強されたエンジンルーム

 パワートレーンはトレンドをそつなく取り入れた格好。過給ダウンサイジングのコンセプトで開発した1.5ℓ直列4気筒直噴ターボエンジンにCVTを組み合わせる。C-HRやヴェゼルやXVのような、ハイブリッドの設定はない。

 お手並み拝見のつもりで運転席に収まった途端、戸惑った。ステアリングホイールがだいぶ左にオフセットしているのだ。正対していないと落ち着かない人(つまり筆者)にとっては気になる部類に入るだろう。購入を検討するなら、実際に乗り込んで確かめるべきだ。そのうえで納得がいけば問題はない。

 エクリプスクロスの公式ホームページで「走行性能」のページを開くと、CVTの特徴が解説してある。いわく、「ステップシフト制御の採用により、CVTとは思えないダイレクトな加速フィーリングを実現。8速スポーツモードによるスポーティな走りが楽しめます」と。

 なぜ、そこまでCVTを悪者扱いするのだろうと、思ってしまう。CVTが悪で、ステップATが善のような表現だ。「事情があって悪者のCVTを使っていますが、できるだけATに近い制御にしていますので、お客さん、我慢してください」と訴えているようにも聞こえる。しかもATのようなステップを踏んだ変速を行なうのは、アクセルペダルを強く踏み込んだ際に限定される。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る