MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. アテンザセダン

Mazda ATENZA(Mazda6) Driving Impression 新型マツダ・アテンザ(Mazda6)燃費は?走りは?質感は?580kmドライブしてわかったこと。:XD L Package(AWD)

  • 2018/11/22
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ・アテンザXD L Package(AWD)

マツダのフラッグシップをCX-8と思っている人もいると聞くが、いやいや、フラッグシップは「アテンザ=Mazda6」である。デビューから6年経って、大改良を受けたアテンザ・セダンに試乗。その進化ぶりを試してみた。

TEXT & PHOTO◎鈴木慎一(SUZUKI Shin-ichi)

車重は1610kg。前軸軸重:1040kg 後軸軸重:630kg

 現行アテンザがデビューしたのは2012年11月だから、すでに6年が経過している。6年も経てば、当然モデル末期となって話題もなくなっていくものだが、いまのマツダは違う。商品改良で一切手を抜かない。アテンザも2018年6月に大幅改良を受けた。
 この大幅改良というが、すごい。異例と言っていい。インテリアは全面改良でインパネを作り替えている。現行アテンザで2度目のインパネ作り替えだから、これは本当に異例中の異例だ。
 大幅改良を受けたアテンザは、2018年度JNCAP予防安全性能評価で最高ランクの「ASV+++」を獲得している。これは、2018年度から新たに加わった夜間の対g歩行者被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、高機能前照灯が追加されたテストで、予防安全性能を「ASV+++」「ASV++」「ASV+」の3段階で総合評価するものだ。先進安全技術系の進化も当然だが、エンジンも大きく進化している。
 今回試乗したのはSKYACTIV-D2.2を搭載したセダンのAWDモデルである。

 マツダのフラッグシップであるアテンザの最新型に乗ってみたかったのだが、なかなか機会がなかった。今回は週末に500kmを超えるロングドライブをすることができた。

 まず外観にうっとりする。ソウルレッドクリスタルメタリックのボディ色は、やはり美しい。新デザインになったフロントグリルも上品でいい。デザインもまったく古さを感じない。相変わらずかっこよくて美しい。
 ボディサイズは全長×全幅×全高:4865×1840×1450mm。トヨタ・カムリとほぼ同サイズ。クラウン(全長×全幅×全高:4910×1800×1455mm)よりちょっと短くてちょっと幅広いサイズだ。日本の路上で、もてあまさずしかも堂々としていられる上限の大きさ(?)だと思う。
 ちなみに、自分のBMW320i(全長×全幅×全高:4645×1800×1440mm)よりは220mm長いから、自宅のガレージに駐めると鼻先20cmがはみ出す感じだった。

 ご承知の通りアテンザには、ワゴンも設定されている。セダンがホイールベース2830mmで全長4865mmなのに対して、ワゴンはホイールベースで80mm、全長で60mm短く、それぞれ2750mm、4805mmとなる。
 セダンの大きさを懸念される向きにはワゴンを、という選択肢がないわけではない。いずれ、ワゴンボディにも試乗し、レポートしたいと思う。

編集部が入るビルの駐車場ならまったく問題ないのだが全長4865mmは小さくはない。

マツダ・アテンザがマイナーチェンジの域を超える大幅改良で新登場!

気筒休止エンジンの搭載や、内外装の変更でフラッグシップセダンとしての資質を高めた

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

フランクフルト・モーターショー2019

フランクフルト・モーターショー2019 一覧へ

マツダ3特集

マツダ3特集 一覧へ

ジムニー特集

ジムニー特集 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ