MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/28
  • MotorFan編集部

ついにヴェールを脱いだ新型Mazda3(アクセラ)、セダンとハッチバック。デザインはどう違う? 

Mazda 3 ロサンゼルスでデビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらはハッチバックのMazda3。
ついにロサンゼルスモーターショー2018事前イベントでデビューを果たした新型マツダ3(Mazda3)。現行型は、グローバルではMazda3で、日本名はアクセラ(セダン)とアクセラスポーツ(ハッチバック)だったが、新型から日本でもMazda3(マツダ3)が正式名称になる。
それでは、新型Mazda3のセダンとワゴンのスタイルを比べてみよう。

【速報!新型Mazda3】SKYACTIV-X搭載の「新型マツダ3」LAショーでついに登場!

新型Mazda3ハッチバック 全長×全幅×全高:4459×1797×1440mm

新型Mazda3セダン 全長×全幅×全高:4662×1797×1445mm

新型Mazda3ハッチバック(サイドビュー)ホイールベース:2725mm

新型Mazda3セダン(サイドビュー) ホイールベース:2725mm

新型Mazda3ハッチバック(リヤビュー)

新型Mazda3セダン(リヤビュー)

 ハッチバック、セダンともに深化した「魂動デザイン」を採用したとマツダは発表している。
「ワンモーションのシンプルな動きでフォルムを描きつつ、繊細なボディ造形による光の移ろいやリフレクションの動きによって、これまで以上に力強く、味わい深い生命感をつくり込みました。そのうえで、ハッチバックではエモーショナルさを、セダンではエレガンスさを追求し、まったく異なる2つの個性をつくり上げています」
 という、プレスリリースの言葉も納得の美しさだ。

 ボディサイズは、
セダン:全長×全幅×全高:4662×1797×1445mm ホイールベース:2725mm
ハッチバック:全長×全幅×全高:4459×1797×1440mm ホイールベース:2725mm
である。

 ちなみに、現行型のハッチバックとセダンのスタイル、サイズは次ページで。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る