MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

【速報!新型Mazda3】SKYACTIV-X搭載の「新型マツダ3」LAショーでついに登場! パワートレーンはXを含む5種類

  • 2018/11/28
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
日本時間11月28日の午後12時過ぎ、遂にアンベール!

日本ではアクセラの名でお馴染みのMazda3の新型が、つい先ほどロサンゼルスショーにて公開された。新型Mazda3は注目の次世代エンジンSKYACTIV-Xが搭載されたのがホットトピック! ネーミングは日本も含めてマツダ3で統一。発表されたての新型Mazda3の概要を緊急速報!

アンベール前のMazda3は意外にデカいな、というのが第一印象

ボディタイプは従来通りセダンとハッチバックをラインアップ

Mazda3ハッチバック
シックさとMazdaらしいスポーティさが融合したMazda3セダン

日本ではアクセラの名でお馴染みのMazda3の新型が、つい先ほどロサンゼルスショーにて公開された。
新型Mazda3は注目の次世代エンジンSKYACTIV-Xが搭載されたのがホットトピック!
発表されたての新型Mazda3の概要を緊急速報!

過日、当ロサンゼルスショーにて発表されるとアナウンスされていた新型Mazda3が、いよいよ公開された。

 「日本の美意識を体現することを目指す深化した魂動デザインを採用」とアナウンスされていたボディデザインは従来通りセダンとハッチバックが用意されるが、グラスエリアの上下幅が狭く、ルーフが低く見える印象でMazdaの魂動デザインらしいとてもスポーティなデザインだ。

新型Mazda3主要諸元
全長×全幅×全高:4459×1797×1440mm(ハッチバック)
全長×全幅×全高:4662×1797×1445mm(セダン)
ホイールベース:2725mm

エンジン:SKYACTIV-G 1.5
SKYACTIV-G 2.0
SKYACTIV-G 2.5
SKYACTIV-D 1.8
SKYACTIV-X
トランスミッション:6速AT/6速MT
サスペンション:Fマクファーソンストラット
Rトーションビーム
ステアリング形式:ラック&ピニオン(電動パワーアシスト付)
ブレーキ:Fベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤ:205/60R16、215/45R18

独自の燃焼方式を採用するSKYACTIV-Xを搭載!

 最大の注目ポイントはパワートレーンだ。新型Mazda3には、かねてよりそのメカニズムが公開されていたSKYACTIV Xが搭載される。
 火花点火制御圧縮着火と呼ばれるマツダ独自の燃焼方式SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)は、現行エンジン比、最大で燃費が20〜30%、全域トルク10%以上、最大30%の改善が見込めるという次世代ガソリンエンジンだ。
SKYACTIV-Xがいよいよ市販車に搭載され、街中を走り始める!

 パワートレーンは
・SKYACTIV-G 1.5(1.5ℓ直4ガソリンNA)
・SKYACTIV-G 2.0(2.0ℓ直4ガソリンNA)
・SKYACTIV-G 2.5(2.5ℓ直4ガソリンNA)
・SKYACTIV-D 1.8(1.8ℓ直4ディーゼルターボ)

そして
・SKYACTIV-X(2.0ℓ直4スーパーチャージャーSPCCIエンジン)
に6速ATと6速MTを組み合わせる。

名称はグローバルでMazda3に統一

ご存知の通り、今まではMazda3は国内ではアクセラと呼称されていたが、この新型を期にワールドワイドでMazda3の名称に統一される。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ