MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/07
  • MotorFan編集部

日本カー・オブ・ザ・イヤー 今年の部門賞はこの3台! ホンダ・クラリティPHEV/BMW X2/ダイハツ・ミラ トコット

このエントリーをはてなブックマークに追加
イノベーション部門賞に輝いたのは、ホンダ・クラリティPHEV
日本カー・オブ・ザ・イヤーには、「イノベーション部門」「エモーショナル部門」「スモールモビリティ部門」の3部門賞も設けられている。さて、今年の各賞はどのクルマが獲得したのだろう。

イノベーション部門賞:ホンダ・クラリティPHEV

 優れた技術を搭載したクルマに与えられるイノベーション部門賞は、ホンダ・クラリティPHEVが獲得した。ちなみに、昨年(2017-2018)のイノベーションは、トヨタ・プリウスPHVだったから、2年連続プラグインハイブリッド車が獲得したことになる。


今のホンダ車で最上のハンドリング! クラリティPHEVのシャシーをじっくり研究

エモーショナル部門賞:BMW X2

エモーショナル部門賞を獲得したBMW X2

 エモーショナル部門賞を獲得したのは、「UNFOLLOW」をキャッチフレーズにしたニューモデル、BMW X2だ昨年のエモーショナル部門賞はレクサスLCが獲得している。


駆け抜ける歓びに満ち溢れたBMW X2は買いの1台だ!

日本で扱いやすいのはどっち? アウディQ2とBMW X2 スタイリッシュな小型クロスオーバーSUV サイズ比較

スモールモビリティ部門賞:ダイハツ・ミラ トコット

スモールモビリティ部門賞はダイハツ・ミラ トコット

 優れたスモールモビリティに対して与えられるスモールモビリティ部門賞は、実質的には軽自動車オブ・ザ・イヤー。今年はダイハツ・ミラ トコットが獲得した。
 ちなみに昨年のスモールモビリティ部門賞は、ホンダN-BOX/N-BOXカスタムが獲得している。


広報写真は真実を伝えていることがわかった。ダイハツさん、疑って申し訳ない! ミラ トコットにオッサンが乗ってみた

さりげないブレーキのフィーリングに隠された秘密──ミラ トコットにオッサンが乗ってみた

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る