MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/18
  • MotorFan編集部

270万を切る価格で装備を充実! プジョー2008の特別仕様車「PEUGEOT 2008 CROSSCITY」発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
GT Line Black & White Editionに代表される、基本装備のアップグレードやデザイン性を強化した限定車を2018年に続けて投入し、好調なセールスを記録しているプジョー2008に、新たな特別仕様車が加わった。グリップコントロールなどさまざまな装備を追加しながらも270万円を切る価格に抑えた「PEUGEOT 2008 CROSSCITY(クロスシティ)」である。発売は12月18日(火)だ。

グリップコントロール&4シーズンタイヤでSUVらしさ満点

 今回の2008CROSSCITYは、悪路走破性に優れるグリップコントロール、4シーズンタイヤなどSUVの本質をとらえた人気装備に加え、バックアイカメラなどをも備えたお買い得仕様だ。

 CROSSCITY(クロスシティ)の名は、プジョー のSUVラインナップの定番商品とも言えるもので、3008 CROSSCITY、5000 CROSSCITYに続くシリーズとなっている。

 アルカンタラシート&ヒーター、バックアイカメラ&ソナー、アクティブセーフティブレーキ、グリップコントロールなどの上級装備を備えつつ、270万円を切る価格に抑えられているのもセールスポイントだろう。

2008 CROSSCITYの主要装備内容
• グリップコントロール&
16インチ4シーズンタイヤ(195/60R16)
• CROSSCITYコンパスロゴ
(左右フロントドア前部バッジ/左右Bピラーステッカー/専用フロアマット)
• リヤサイドウインドウ上部&リヤスポイラー アクセント(ペルラネラブラック)
• インテリアグリーン系ステッチ
 (シート/ドアトリム/ステアリング/パー キングブレーキレバーなど)
• ブルーステッチ入りインテリア(シート)
• アルカンタラ&テップレザーシート
 (ダークグレー)&シートヒーター
• 上級革巻ステアリングホイール
 (GT Lineタイプ)
• パノラミックガラスルーフ(オプション)
• バックアイカメラ
(2008 CROSSCITY初)
• Peugeotミラースクリーン
(Apple CarPlay対応)


2008 CROSSCITY
エンジン:1.2L直列3気筒ターボ
最高出力:81kW(110ps)/5500rpm
最大トルク:205Nm/1,500rpm
トランスミッション:6速AT
車両価格:269万9000円

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る