MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/12
  • GENROQ編集部

ひとり乗りのGクラスを発見!【東京オートサロン2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京オートサロンでは新型ジムニーをGクラス風に仕上げたドレスアップも登場しましたが、それよりもっと可愛らしいGクラスを発見しました。なんと人が乗って走れるミニチュアGクラスです。

東京オートサロンで可愛らしいG63AMG6×6を発見!てっきりただのオブジェかと思いきや、これ実は人が乗って走る電動ミニカーなのです。オフィスKが販売するこの6×6ビッグラジコン、名前の通りリモートコントロールで走らせることもできるし、耐荷重が110kgなので、人が乗って走る(時速8km/h)ことも可能なのです。

ボディサイズは全長139×全幅69×全高62cm、6モーターというから、各輪にそれぞれモーターが付いているという、まさに6WDです。

各ライトが点灯するだけでなく、ブレーキローターも赤く光る。

しかも作りはかなり凝っており、実車のスタイルを完全に再現しているだけでなく、ドアやリヤハッチも開閉可能、ヘッドライトも点灯してMP3プレイヤーも搭載しています。

フロントに搭載されたバッテリーには通常のAC100Vで充電し、およそ3時間の走行が可能だそう。これで価格10万円というのは、かなりお買い得ではないでしょうか? 本物のG63AMG6×6より目立てるかもしれませんよ!?

メーターやステアリングも実車の雰囲気を再現。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る