MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/11
  • GENROQ編集部

VWパサート|2019年マイナーチェンジを発表!評価を得ている運転支援機能を搭載して登場だ

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン・パサートがマイナーチェンジを行い、本国で発表された。エクステリアのフェイスリフトに加えて、より進化した運転支援機能を搭載したことがトピックだ。

これが最新クリーンディーゼルの本当の燃費だ〈VWパサートTDIで1200km長距離テスト〉
フォルクスワーゲンの最新ディーゼルモデルたち。その先陣を切ったのがパサートだ。果たして新世代のクリーンディーゼルは、リアルワールドでどんな性能を発揮するのか?

フォルクスワーゲン・パサートがマイナーチェンジを行い、本国で発表された。エクステリアにはほとんど変更がないが、新しいデザインのフロントバンパーが装着され、より躍動感のある表情となっている。グリルの3本めっきの一番下のラインがヘッドライトまで繋がるようになったのも、新鮮な雰囲気だ。またテールランプで意匠も新しいものとなった。

 中身の進化は、IQドライブと呼ばれる運転支援システムがフォルクスワーゲンでは初めて搭載されたことが最大のトピック。これはさらに進んだ運転支援を0km/hから210km/hの範囲で行うことができるという。新マルチファンクションカメラを搭載したことで、危険回避のアシスト精度も向上した。またヘッドライトにはLEDマトリクスも採用されている。

 パサートGTEはEV走行の距離が増え、NEDCでは70kmの走行が可能となったというから、街中ではほぼガソリンを使うことはなさそうだ。

 インテリアを見ると、新しいデザインのステアリングホイールが目に付く。スイッチもより多くなり、ステアリングから手を離さずに様々な設定が可能となった。またインフォテインメントシステムも新世代のものが装着されている。

 フォルクスワーゲンを代表するプレミアムカーとしてさらにその魅力を高めたパサート。欧州では5月から受け付けを開始し、8月下旬からまずドイツでデリバリーが始まるという。
 


フォルクスワーゲン・アルテオンとパサートをサイズ比較|似たもの同士にも大きな違いが!? 
フォルクスワーゲンのフラッグシップモデルに君臨するアルテオン。かつてその座にはCCが存在し、そのCCはパサートCCと呼ばれていたように、元々パサートがベースであり……、ではアルテオンとパサート、どこが違うのだろうか?

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る