MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/17
  • MotorFan編集部

能ある鷹は爪を隠すのか。A3の実用性の高さにプラス100psの動力性能:アウディS3スポーツバック

Audi S3 Sportback

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディS3スポーツバック 価格○615万5円
アウディA3のスポーツバージョンがS3。スポーツバージョンだが、最もスポーティなモデルには、「RS」が用意されている。A3以上RS3未満というのがS3の立ち位置か。ジャーナリスト世良耕太がS3を試乗する。

TEXT&PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

 ハッチバックの実用性とスポーツカーの走りを両立させたのがアウディS3スポーツバックだ。実用性に重きを置くのか、それともスポーツカーの走りを重視するのかによって、このクルマに対する評価は分かれそうだ。

 大人4人が窮屈な思いをせずに過ごせる。乗り降りがしやすい。小さな荷物から大きな荷物まで、難なく積み込むことができる。といった、主にディメンション由来の実用性に関しては申し分ない。A3スポーツバックと同等といっていいだろう。つまり、高い実力を備えているということだ。

 では、スポーツカーの走りについてはどうか。現在、国内で購入可能なスポーツバックのラインアップは下記のとおりだ。

 A3 1.4ℓ直4ターボ 90kW(122ps)/200Nm〜2.0ℓ直4ターボ 140kW(190ps)/320Nm 296万円〜433万円

 S3 2.0ℓ直ターボ 213kW(290ps)/380Nm 615万円

 RS3 2.5ℓ直5ターボ 294kW(400ps)/480Nm 762万円

 S3はA3とRS3に挟まれているため、パフォーマンスはその中間が求められる。A3以上、RS3未満というわけだ。パフォーマンスの源となるエンジンの出力はまさに中間的な位置づけで、A3・2.0ℓターボ版の190psに対してS3は290psであり、RS3は400psだ。ほぼ100ps刻みである。

 実際、A3の1.4ℓターボ版に対してはふたクラス、2.0ℓターボ版に対してはひとクラス上の走りを披露する。実用性と同様、速さに関しても申し分ない。A3に対してエクストラの対価を支払った価値は充分に取り戻すことができるだろう。引き上げられたパワーとトルクに対応するためサスペンションは締め上げられている。S3スポーツバックが引き締まった脚の持ち主であることは、ワインディングロードでペースを上げた走りに転じなくても体感できる。デュアル・クラッチ・トランスミッションによる電光石火の変速は健在で、小気味いい。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る