MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/02/21
  • MotorFan編集部

コンチネンタルから登場した新作エコタイヤ、エココンタクト6はもはやハイパフォーマンスタイヤのレベルだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンチネンタルが新作エコタイヤのエココンタクト6を発表した。エコタイヤといいつつ、低転がり抵抗性能はもちろん、ハンドリングやウエット性能もハイパフォーマンスを実現したという。

 エココンタクト6という名前のとおりカテゴリーはエコタイヤなのだが、高いパフォーマンスを持つという。コンチネンタルには、すでにスポーツ系のスポーツコンタクト6や、コンフォート系のプレミアムコンタクト6をラインナップしているが、15インチ以下の小径サイズにおいてはプレミアムコンタクト6クラスのコンフォート性能もカバーするほどの性能をもつと謳う。
 
 その性能向上は多岐にわたり、先代のエココンタクト5と比較して、転がり抵抗で15%、ウエットブレーキ性能で6%、ドライブレーキ性能で2%、ハンドリング性能で17%向上し、なんと耐摩耗性においては20%向上したという。燃費については、タイヤの寄与率を20%とすれば、燃費が3%向上することになる。

 このエココンタクト6は15インチ以下も多くのサイズが用意されるが、タイヤの外径が小さいほど、荷重指数が低いほど変形率が大きくなるため燃費が悪化しやすい。そこで構造をビードから徹底的に見直し、ウエット性能を損なうことなく低転がり抵抗を実現したという。

 コンパウンドには次世代のグリーン・チリ・コンパウンド2.0を採用。これはシリカの含有量を高めており、柔軟性を保つことで、発熱量を抑えて低転がり抵抗を実現。ゴムの強度を確保し、ライフの延長につなげている。

 トレッドはグルーブを3〜5本用意し、排水性をサイズにあわせて最適化している。また旋回時もショルダー部の排水性を高めたデザインとなっており高いウエットグリップを発揮するという。グルーブを太くする、あるいは溝を増やすことによって、パターンノイズは増すが、一方でそのぶん構造やコンパウンドを工夫することでパターンノイズとロードノイズの総量としての静粛性を改善した。つまり静粛性についてはトレッド分を構造とコンパウンドで相殺し、エココンタクト5並みの性能を維持している。

 欧州のETRTO規格においては燃費とウエットグリップのラベリングで、93サイズ中40サイズでA/Aを取得しているという。日本における販売は当初31サイズでスタートするという。アウディやBMW、メルセデス・ベンツ、ジャガー、フォルクスワーゲン、ルノー、プジョー、ボルボなど、多くのメーカーで新型車に純正装着することを前提として開発中なので今後多くの車両で見られることだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る