Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スペーシアカスタム

〈スズキ・スペーシア カスタム〉新車販売台数年間2位の中軸モデル【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両::ハイブリッド XSターボ(FF)

月間販売台数:12482台 スペーシア、ギアを含む(18年8月〜19年1月平均値)
現行型発表:17年12月
JC08モード燃費:28.2 ㎞/ℓ ※「ハイブリッド XS」「ハイブリッド GS」のFF車

写真解説●塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)
PHOTO●石原 康(ISHIHARA Yasushi)/平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●藤木由貴(HUJIKI Yuki)

全高 1785㎜ 全幅 1475㎜ ミラー・トゥ・ミラー 1820㎜
開口高 520㎜
全長 3395㎜ 最小回転半径 4.4m〜4.6m

■主要諸元 ハイブリッド XSターボ
全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1785
室内長×室内幅×室内高(㎜):2155×1345×1410
ホイールベース(㎜):2460
トレッド(㎜)前/後:1295/1300
車両重量(㎏):900
エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ+モーター
総排気量(㏄):658
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):47[64]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):98[10.0]/3000
モーター最高出力(kW[㎰]/rpm):2.3[3.1]/1000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):50[5.1]/100
燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:165/55R15
最小回転半径(m):4.6
JC08モード燃費(㎞/ℓ):25.6
車両本体価格:178万7400円

乗降性

〈前席〉ステップ高 350㎜ 助手席シート高 700㎜
〈後席〉シート高 720㎜ ステップ高 350㎜

先代よりも拡大されたスライドドアの開口部をはじめ、前後ともに低床設計で小さな子供からお年寄りまで楽に乗り降りできるはず。前ドアの開口部も大きくAピラーも立ち気味なので、頭上まわりにも十分な余裕がある。

広い車内を想起させるボクシーなスタイルが特徴だが、ドアサッシュをボディと同色化、ルーフとピラーをブラック化することで個性を演出。前後バンパーなどをエアロ形状にしたスポーティムードも魅力だ。

先進安全装備

自車速度約5〜100㎞/hで作動する衝突被害軽減ブレーキは、対車両が約5〜50㎞/h、対歩行者が約5〜30㎞/hで衝突を回避できる可能性がある。ほかにも軽初の後退時ブレーキサポート、前後の誤発進抑制機能を用意する。

撮影車両データ

ボディカラー:ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
オプション装備:全方位モニター用カメラパッケージ(7万5600円)/スタンダードメモリーワイドナビ〈パナソニック〉(14万4018円)/特別塗装色(6万4800円)/フロアマット〈ジュータン〉サキソニー(2万142円)/USBソケット(2754円)/ドライブレコーダー(3万4560円)/他

ボディカラー

※1は2万1600円高。 ※2は6万4800円高。 ※3は4万3200円高。 ☆は「ハイブリッド XS」系専用色。

個性が際立つインパネデザイン

インパネ

水平基調の広々したインパネで、助手席のインパネアッパーボックスのリッドなどからも分かるように、スーツケースをモチーフとした個性的なディテールも際立つ。メーターは、黒を基調としながら速度計にホワイトパネルを配したスポーティな三眼式を採用する。

前席

ホールド性はそこそこだが、シートサイズは大きめで、乗降のしやすさとのバランスの良さも印象的。高めの座面や広々した頭上、肩まわりの空間による広さも魅力で、大柄な人でもリラックスして座れるはず。

後席

前席同様、先代よりも着座位置が高くなっているが、広大な頭上空間により高い開放感が得られる。左右席それぞれスライド&リクライニングが可能で、前寄りにしても前席の座面下に足が入るため窮屈ではない。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き 300㎜
〈後席格納時〉高さ 1120㎜ 奥行き 1400㎜ 幅 850㎜

先代よりも開口地上高が25㎜低くなり、逆に荷室開口高が40㎜高くなったことで広さを実感できる。開口部下側には、自転車の積載をサポートするガイドが設けられ、急な雨などのお迎えでも活躍するはず。後席は荷室側からスライドが可能で、4名乗車しながら多くの荷物を積載できる。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ