MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 三菱|MITSUBISHI
  4. エクリプスクロス

〈三菱エクリプスクロス〉三菱らしさが凝縮された新感覚SUV【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:G Plus Package(4WD)

月間登録台数:608台(18年9月~19年2月平均値)
現行型発表:18年3月(一部改良 18年12月)
JC08モード燃費:15.0km/ℓ ※FF車

レポート●蔵田智洋(KURATA Tomohiro)
フォト●平野 陽(HIRANO Akio)/中野幸次(NAKANO Koji) 
モデル●竹田 愛(TAKEDA Megumi)

全幅1805㎜ 全高1685㎜ ミラー・トゥ・ミラー2170㎜
開口高745㎜
全長4405㎜ 最小回転半径5.4m

■主要諸元 G Plus Package
全長×全幅×全高(㎜):4405×1805×1685
室内長×室内幅×室内高(㎜):1870×1490×1215
ホイールベース(㎜):2670
トレッド(㎜) 前/後:1545/1545
最低地上高(㎜):175
車両重量(㎏):1590
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):1498
最高出力(kW[㎰]/rpm):110[150]/5500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):240[24.5]/2000-3500
燃料タンク容量(ℓ):60(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:4WD
タイヤ・サイズ:225/55R18
最小回転半径(m):5.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ):14.0
車両本体価格:310万7160円

乗降性

前席:助手席シート高730㎜ ステップ高450㎜
後席:シート高750㎜ ステップ高460㎜

ロールーフデザインだが前後席ともに頭上まわりの空間はある。シート高と立った時の腰の位置との差が少ないため、乗り降りもスムーズに行なえる。ステップ高は低めだがサイドシルの段差、幅はあるので少し注意して乗り降りしたい。

エッジの効いたウェッジシェイプを取り入れ、クーペスタイルSUVとしてスポーティさを強調しつつ、後席の実用的な室内スペースも確保。通常のリヤウインドウの下にエクストラウインドウを設け、後方視界に配慮している。

先進安全装備

平成30年度JNCAP自動車アセスメントの予防安全性能評価「ASV++」を獲得。赤外線センサーとカメラによる衝突被害軽減ブレーキを全車に装備し、「G」以上はACCと共にミリ波レーダーも追加。

ボディカラー

インパネ

T型デザインにシルバーのアクセントで質感を高めたインパネはシンプルで落ち着いた印象。Aピラーまわりの視界も良好だ。「G Plus Package」はスマホ連携のディスプレイを装備し、シフトレバー横、手元のタッチパッドで画面操作が可能。「M」以外は電動パーキングブレーキを採用し、センターコンソールまわりはスッキリしている。

居住性

後席:リヤシートの足元はとても広くゆとりがある。サイドウインドウも広く明るい印象だ。頭上空間も十分ある。座面もしっかりとしているので長距離ドライブも可能だ。前後スライド&リクライニング機構付き。
前席:シート幅は広めで掛け心地は柔らかだがホールド性も良好。座面サイドの張り出しは小さく乗り降りしやすい。チルト&テレスコの調整でドラポジも決めやすい。本革パワーシートは「M」以外にオプション設定。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き770㎜
後席格納時:奥行き1660㎜ 幅990㎜ 高さ760㎜

通常時でも奥行きは770㎜。さらに後席に乗車できる状態で前寄りに970㎜までシートスライドが可能だ。6対4 分割可倒式シートは倒した際に傾斜は残るが最大奥行き1660㎜まで拡大し、長尺物を積める。荷室高さ760㎜はクーペSUVデザインから想像するよりもかなり優秀だ。外したトノカバーはフロア下に収納できる。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ