MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

〈アルファロメオ・ステルヴィオ〉ディーゼル車追加で魅力度が増した本格スポーツモデル【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:2.9 V6 BI-TURBO QUADRIFOGLIO

月間登録台数:NO DATA
現行型発表:18年6月(ディーゼル追加 19年2月)
WLTCモード燃費:16.0km/ℓ ※ディーゼル車

レポート●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)
フォト●中野幸次(NAKANO Koji)/平野 陽(HIRANO Akio) 
モデル●森脇亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

全幅1955㎜ 全高1680㎜ ミラー・トゥ・ミラー2165㎜
開口高700㎜
全長4700㎜ 最小回転半径6.0m

■主要諸元 2.9 V6 BI-TURBO QUADRIFOGLIO
全長×全幅×全高(㎜):4700×1955×1680
室内長×室内幅×室内高(㎜):—
ホイールベース(㎜):2820
トレッド(㎜) 前/後:1620/1675
最低地上高(㎜):—
車両重量(㎏):1910
エンジン種類:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量(㏄):2891
最高出力(kW[㎰]/rpm):375[510]/6500
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):600[61.2]/2500
燃料タンク容量(ℓ):64(プレミアム)
トランスミッション形式:8速AT
駆動方式:4WD
タイヤ・サイズ 前:255/45R20 後:285/40R20
最小回転半径(m):6.0
JC08モード燃費(㎞/ℓ: —
車両本体価格:1167万円

乗降性

前席:助手席シート高680㎜ ステップ高440㎜
前席:シート高720㎜ ステップ高450㎜

1列目シートのサイドサポートが大きく、運転席の乗り降りは少し窮屈。後席もドア開口部が狭く、ルーフラインが後方に向けて垂れ下がっていくため、頭を少し屈めながらでないと乗り降りしにくい。

ハイパフォーマンスモデルである「クアドリフォリオ」は前後バンパーやサイドスポイラー、20インチアルミホイールなどの専用エクステリアを装備。フロントフェンダーとドアパネルは軽量なアルミ製となっている。

先進安全装備

歩行者検知機能付きの衝突被害軽減ブレーキのほか、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター、後退時に接近する車両を検知するリアクロスパスディテクションなどを全車に標準装備。全車速追従式ACCも完備する。

ボディカラー

インパネ

レザーを多用した高級感溢れるインテリアに、先進のユーティリティを融合。「クアドリフォリオ」にはスポーティなカーボンパネルのほか、専用のレザーステアリングも装備される。8.8型センターディスプレイを備えるConnectシステムも標準装備。ナビ機能は備わらないが、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する。

居住性

後席:膝前のクリアランスは約180㎜、頭 上は約80㎜と、広さは必要十分。ただし、引き締まった印象のサスペンションは、時として強い突き上げ感を伴うため、ドライバーには飛ばし過ぎないよう求めたくなる。
前席:「クアドリフォリオ」はレザーとアルカンターラを使用した専用スポーツシートを装備。前席には電動ランバ ーサポートやシートヒーターが備わるほか、サイドサポートの電動調整機能も装備されている。

ラゲッジルーム

奥行き1000㎜
後席格納時:奥行き1850㎜ 幅920㎜ 高さ720㎜

縦長のフロアは通常時でも奥行きが約1000㎜もある一方、テールゲートが傾斜している影響から天地高は狭く、トノカバーの位置だと高さ約510㎜と少し制限される。後席の格納機構には4対2対4分割可倒式を採用。背もたれのロックを解除するレバーは荷室側にも装備されている。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ