MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. アルピーヌ

アルピーヌA110試乗|20代のクルマ好きの評価は?〈伝説の復活が示したジドウシャの未来とは? 〉[1/2]

  • 2019/05/01
  • MotorFan編集部 今 総一郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマを手放す、もしくは最初から所有しない人が増えている昨今。若者ほどその傾向が強い。だからこそ、あえて所有する歓びのあるクルマを探していきたい。さて「アルピーヌA110」は?

TEXT●今 総一郎(KON Soichiro)

 個人的に「断捨離」がブームとなっている。「iPad」と「Apple pencil」でのペーパーレス化をきっかけに、ミニマリストほどストイックではないけれども、身の回りのものを整理した。その過程で分かったのだが、今の暮らしでどうしても必要なのは「スマホ」くらいということだ。連絡ツールとしてだけでなく、ショッピングやゲーム、音楽に映画と、様々なサービスが「スマホ」を起点としている。

 もちろん、クルマも例外ではない。アプリを介してカーシェアを利用できる。なので、ディーラーから届いた車検のご案内とやらを見て、ふと思った。

「さて、クルマをどうしたものか……」

 諸々の税金や保険などの維持費を律儀に払い続けるよりも、その分を旅行やグルメ、スマホゲームのガチャにでも回した方が暮らしが充実するのではなかろうか? 少し前までクルマを愛する一人の戦士として「クルマ離れ」を相手に、弾が尽きて剣が折れるまで徹底抗戦を誓っていたにも関わらず……なんてことだ。

 しかし、もし維持費を払ってでも欲しいと思えるクルマに出会えたなら話は変わる。例えば「アルピーヌA110」だ。

 「アルピーヌA110」はボクの中で特別な存在だ。製造は1963年〜77年とボクが生まれるよりも遥か前だが、「新世紀エヴァンゲリオン」で葛城ミサトが颯爽と駆っていたブルーの「アルピーヌA310」をきっかけに、その前身となる「A110」の艶かしさと品格が漂う独特なスタイルには憧れを抱いていた。思い返すと「いつかこんなクルマに乗ってみたい」と思った最初のクルマだった。とはいえ、中古でも高価で手が出せる代物ではなく、想いを伝えきれなかった初恋のように頭の片隅へと消えていった。

 しかし、2016年にコンセプトモデルが公開されたことで「A110」の復活が明らかになった。2017年には市販バージョンが公開され、2018年に国内での販売がスタート。そして今、ボクの目の前には純白の「A110」が。

 4つのライトとボンネットを縦に貫くラインが特徴的なフロントマスクや、全長:4205mm×全幅:1800mm×全高:1250mmと小ぶりながらボリュームを感じさせるプロポーションには、たしかに先代の面影が感じられる。一方で、インパネ上のモニターや液晶メーターなどインテリアは現代風に仕立てられていて、センターコンソール上に整然と並べられたギヤやパーキングブレーキのスイッチは人差し指だけで操作できて扱いやすい。

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ