MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > フォルクスワーゲン > ポロ > VWポロ TSI R-Line:ライトサイジングのEA211 1.5ℓevoを搭載したポロの実力。燃費は? 走りは? エンジンから探る
  • 2019/05/04
  • MotorFan編集部

VWポロ TSI R-Line:ライトサイジングのEA211 1.5ℓevoを搭載したポロの実力。燃費は? 走りは? エンジンから探る

フォルクスワーゲン Polo TSI R-Line

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン Polo TSI R-Line 車両本体価格○298万円
ダウンサイジングの次はライトサイジングだと主張するVWアウディの最注目エンジンが、ポロTSI R-Lineに搭載された。なぜ、このエンジンが注目なのか? エンジン技術に詳しいジャーナリスト世良耕太が試乗。まず、EA211 1.5ℓevoには、ふたつの仕様があるところから。なんと日本導入エンジンは、VGターボではなかったのである。


TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota)

 2019年1月29日に発売されたフォルクスワーゲン(VW)・ポロTSI R-Lineは、日本初採用の新型エンジンを搭載している。1.5ℓ直4ガソリンターボのEA211 Evo(110kW/250Nm)だ。ポロは日本で、EA211 1.0ℓ直3ターボ(70kW/175Nm)を搭載するTSIトレンドラインとコンフォートライン、ハイライン、EA888 2.0ℓ直4ターボ(147kW/320Nm)を搭載するGTIをラインアップしている。

 TSIハイライン/コンフォートライン/トレンドラインとGTIの間を埋めるのがR-Lineというわけだ。グレード名が示すようにスポーティな位置づけで、その証拠のひとつにGTIと同じ215/45R17サイズのタイヤを履く。外観はリップスポイラーやリヤスポイラーにブラックサイドスカート、内装ではボディカラーと同色のラインでコーディネートしたシートなどを採用し、スポーティなイメージを高めているのが特徴だ。

 実は2016年に本国で発表されたEA211 Evoにはふたつのバリエーションがあり、ポロR-Lineが搭載するのは簡易版にして高出力版で、便宜上1.5ℓ TSI Evo 110kWと呼んだりする。最新技術をすべて投入したのは1.5ℓ TSI Evo 96kWだ(最大トルクは200Nm)。技術をすべて詰め込んだ仕様よりも技術を間引いた仕様の出力が高いのは、「技術満載=高出力」という考え方で設計したわけではないからだ。「技術満載=高効率」という考え方である。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る