MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/13
  • MotorFan編集部

グーグルマップ侮れず。道なき道(?)への誘いはご愛嬌。道中の行き先案内人として頼りっぱなし!〈ルノー・メガーヌGT長期レポートVol.8〉

【Renault MEGANE GT】Long term test 〜ルノー・メガーヌGT旅日記〜 GWを使って自由気ままなロングドライブに行ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
7インチのセンターモニターを採用。スマートフォンとの接続はUSB端末にて。センターコンソール前部に端子がふたつ用意されている。
MotorFan.jp編集部のスタッフカーであるルノー・メガーヌGTには、いわゆる“ナビゲーション”が付いていない。見知らぬ土地に行くのにナビゲーションがないのは不安この上なし。ただし、ルノー・メガーヌGTには、ルノー・マルチセンスと呼ばれる最新のインターフェイスを搭載。スマートフォン(iPhone/android端末)と接続することで、スマートフォンのグーグルマップを映し出すことができる。今回は、iPhoneのApple CarPlayを利用した。

レポート日:2019年5月11日
オドメーター:1859km+α

TEXT&PHOTO●福永貴夫(FUKUNAGA Takao)

ルノー・マルチセンスとスマートフォンを繋げて未知の場所へ行ってみる

グーグルマップの設定では、経路オプションとして「高速道路を使わない」「有料道路を使わない」「フェリーを利用しない」という項目を選ぶことができる。この道に行き着いた際のグーグルマップの設定は、「高速道路を使わない」「有料道路を使わない」だった。

 前口上で、ルノー・メガーヌGTにはナビゲーションが付いていないと書いたが、なんら問題はない。現行メガーヌ「GT」系には、ルノー・マルチセンスと呼ばれる最新のインターフェイスが採用されており、スマートフォンを繋げれば慣れ親しんだ端末を操作して地図画面の表示や行き先設定を簡単に行うことができるからだ。

 ところで、今回のお題は「グーグルマップ」。iPhoneのApple CarPlayを使い、画面をルノー・マルチセンスに映し出す。行き先設定をし、あとは指示通りに目的地に向かうだけ。

 普段、徒歩で移動する際も利用しているグーグルマップ。ルノー・マルチセンスに映し出したからといってなにかが変わるというわけではない。だが、意味もなく“ひょっとして……”という不安がよぎったのも正直なところだった。相性もあるだろうし……、というような裏付けのない感じで。

 結論は、みなさんのご想像通り。使い勝手もよく、ルートも適切、時には時間短縮ルートを提案してくるなど、グーグルマップの精度の高さに感服した次第だった。

 ただ、これだけだと、なにもおもしろくない。そこで、今回のロングドライブで経験した、ルートをいくつか紹介したと思う。

マップ表示の準備OK!

スマートフォン、7インチのセンターモニター、どちらからでも操作可能。編集Tは、使い慣れたスマートフォン(iPhone)で操作する機会が多かった。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る