MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. メガーヌ

IKEAに買い物に行き、4CONTROLに思いを馳せる〈ルノー・メガーヌGT長期レポートVol.14〉

  • 2019/09/07
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

積算計が7000kmを越え、まずまず絶好調のMFメガーヌ号。すっかり4CONTROL(コントロール)が身体に染みついてしまった担当者だが、最近になって「動きがシビア」という編集部内の声を耳にし、市販車の開発というものはつくづく難しいものだと考え込んでしまったのであった。

レポート日:2019年9月6日
オドメーター:7029km

TEXT&PHOTO●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

ゆっくり操舵すればスローに反応するはずだけれど……

 メガーヌGTおよびメガーヌR.S.に採用されている4CONTROLは、いわゆる後輪操舵機構である。低速域では逆位相(前輪と逆方向に舵角が与えられる)とすることで旋回性能を高め、高速域では同位相とすることで安定性を高めるという魔法のようなシステムだ。

 さらに、その4CONTOROLによって旋回性能と安定性能を担保できるため、狙った性能に対してサスペンションを柔らかくできるというメリットもある。

 最初は少し戸惑うが、慣れてしまうと後戻りできないほどの優れモノであると、担当者は思っている。

ルノー・メガーヌR.S.やGTに採用されている4CONTROL(4コントロール)って何? 四輪操舵? 後輪操舵?

ルノー・メガーヌR.S.やGTに搭載されている4コントロールなるシステム。前輪だけでなく、後輪も操舵することで旋回性能や安定性の向上に寄与するとのことだが、具体的なことはよくわからないという人も少なくないだろう。今さら聞けない4コントロールの仕組みと利点をおさらいする。

 ところが当連載の前回、Vol.13で、TECH編集長の萬澤が「4CONTROLがシビア」と宣っているではないか。

 本人に直接問うと、「運転している本人は楽しいんだけれど、後席の乗員にとっては旋回Gがきつすぎるらしい」とのこと。「ゆっくり穏やかに運転しようとしても、どうしても4CONTOROLがシビアに反応してしまう」らしい。

500km乗って見えてきた長短所〈ルノー・メガーヌGT長期レポートVol.13〉

大活躍のMFメガーヌ号。撮影や取材などで都内の近距離移動では数多く乗ったものの、筆者は長距離を運転したことがまだない。というわけで、酷暑の中、遠くまで出かけてみようと思い立った。

レポート日:2019年9月3日
オドメーター:6821km

TEXT&PHOTO●萬澤龍太(MANZAWA Ryuta)

 実は4CONTOROLによる後輪の操舵角は、速度やステアリングの舵角だけで決まるのではなく、操舵の速度や前後左右の加速度などもセンシングして緻密に制御されている。

 だからゆっくり穏やかに運転すれば、そんなにシビアに反応することもないはず……と説明したところで、本人がそう感じてしまったのだからしかたない。

 まぁ確かに、メガーヌGTはルノー・スポールが開発した「スポーツカー」であり、VWゴルフで言えばGTIにあたる。アグレッシブに感じるのは、ある意味で正解だろう。

 だからメガーヌには、4CONTOROLを搭載していないGT-Lineというモデルもラインナップされている。エンジンはGTの1.6Lターボ(205ps)に対して1.2Lターボ(132ps)となる。

 購入に際しては、可能な限り両方に試乗することをオススメしたい。

4CONTROLを搭載しないGT-Line。エンジンは1.2Lターボとなる。
GTはエキゾーストエンドが左右二本出しとなるが、GT-Lineは片側一本出しだ。
GT-Lineはハッチバックのみの設定だが、2018年12月にはアニヴェルセルというステーションワゴンの限定車も発売された。

IKEAの中にあるレストランでは、日本では馴染みの薄いスウェーデン料理がカジュアルに味わえる。ミートボールにジャムをかけるとは理解不能のセンス……と最初は思ったものだが、これはこれで結構いけるから不思議。
 そんなことを考えながら向かったのは、第三京浜の港北インターチェンジの近くにある大型家具店のIKEAである。かねてから自宅のIKEA製クローゼットの棚板が欲しかったのだが、たまたまこの日はIKEAの近くで別の取材があり、少し時間があったので先に立ち寄ったのだ。

 読者諸兄にとって実にどうでもいい話であることはわかっているが、せっかくIKEAでかさばる物を買ったので、それをラゲッジスペースに積んだ様子を写真に撮ってみたというわけ。

 そんなわけで、ご覧ください。今回買ったのは、横100cm、奥行き58 cm、厚さ2cmの棚板を2枚だ。まぁ、とくに騒ぐこともない結果だが、リヤシートを倒すこともなく、何か工夫をすることもなく無事に積めた。
 
 メガーヌの購入をご検討されている方の、なんとなくのイメージの手助けになれば幸いであります。

購入した2枚の棚板は幅100cm、奥行き58cm。リヤシートを倒すことなく余裕で積めた。
左側の余裕はこれくらい。
右側の余裕はこれくらい。

おすすめのバックナンバー

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

解決します! 交通ルールの素朴なギモン

解決します! 交通ルールの素朴なギモン 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ