MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/17
  • MotorFan編集部

新型トヨタ・スープラが正式デビュー!! 価格は490万円からスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタは、新型「スープラ」を2019年5月17日に発売したと発表するとともに、同日13時から6月14日(金)にかけて本年度生産分24台のマットストームグレーメタリックの「RZ」のweb商談申込みの受付を開始した。

 新型スープラは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初となるグローバルモデルである。1978年に日本国内でセリカXX(ダブルエックス)として登場し、新型は通算で五代目であり、先代モデルの生産終了(2002年)から実に17年ぶりの復活を果たした。

ピュアスポーツカーとしての基本を追求したパッケージ

 新型では卓越したハンドリングや安定したコーナリング姿勢を実現するために、「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターと捉え、ホイールベースは同社のスポーツカー「86」よりも100mm短い2470mmとし、重心高も「86」より低いとのこと。ホイールベースとトレッドの比は1.55(「SZ」は1.54)とすることで優れた回頭性を実現。前後重量バランスもスポーツカーで理想とされる50:50を達成するという。

 エクステリアでは空気抵抗低減に寄与するダブルバブルルーフのほか、ヘッドランプ位置を車両内側に寄せてフェンダーのボリュームを豊かに見せることで凝縮したボディデザインとするなど、「2000GT」や先代スープラ等からのTOYOTAスポーツヘリテージを継承し、TOYOTAスポーツのフラッグシップに相応しいスポーティなスタイルが与えられている。

 ロングノーズ・ショートキャビンのシルエットに加えて、タイヤの存在感を強調するサイドビューパッケージや地を這うようにどっしりと構えたスーパーワイドスタンス、リフト(揚力)の発生を抑えることに特化した造形とすることで、フロントとリヤの空力と重量バランス共にスポーツカーとしての最適化が図られている。


 インテリアではインストルメントパネルを上下に薄く水平に軸を通すことで高速域での見晴らしと姿勢変化の把握を高めつつ、ドライバーの正面にメーターなどを配置することでコックピット感を強調。8.8インチ高精細カラーモニターを採用したメーターは、小径ステアリング越しでも必要な情報を瞬時に掴めるように中心にタコメーターやシフトインジケーターがレイアウトされている。

 また、シートは腰部を中心に身体を支えるホールド性にこだわったハイバック構成とサーキット由来のこだわりの形状となっている。


自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る