MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/27
  • MotorFan編集部

ついにFF化した新型BMW 1シリーズ! エンジンは3気筒/4気筒のガソリンとディーゼル

このエントリーをはてなブックマークに追加
噂通り、BMWのプレミアムコンパクトカーである1シリーズがFF化され、第三世代へ切り替わる。新型1シリーズは、9月に開催されるフランクフルトモーターショーでお披露目され、9月28日にはワールドワイドの発表となる予定だ。

 BMWのエントリーモデルである1シリーズは、初代モデルが2004年に登場。その後2011年には2代目に進化し、このたび、3代目へ切り替るわけだ。
 2代目1シリーズは特に欧州で人気が高く、国別の販売比率ではドイツが25%、英国が20%以上、イタリア、フランス、日本が続くという状況だった。

 さて、3代目になる1シリーズだが、最大の注目点は「FF化」されたことだ。フロントのエンジンコンパートメントにエンジンを横置きし、前輪を駆動する、このクラスではスタンダードなFFモデルとして3代目は登場した。

 2代目1シリーズは、このクラスで唯一のFR(エンジン縦置き後輪駆動)だったが、ついに3代目でFFとなった。
 また、3ドアハッチバックは、新型ではラインアップされない。


 新型のボディサイズを見てみよう。
新型1シリーズ:全長×全幅×全高4319mm×1799mm×1434mm ホイールベース2670mm

現行1シリーズ:全長×全幅×全4329mm×1765mm×1421mm ホイールベース2690mm

ということになる。
 前型と比べて、全長で10mm短く、全幅で34m広く、全高で13mm高くなった。ホイールベースは20mm短くなっている。


BMW1シリーズ、現行と新型を比較する。FRとFFでプロポーションはどう変わったか?

 パワートレーンは
118i:B38型1.5ℓ直3DOHCターボ(140hp/220Nm)+7速DCT
M135i xDrive:B48型2.0ℓ直4DOHCターボ(306hp/450Nm)+8速AT

の2種類のガソリンエンジンと

116d:B37型1.5ℓ直3ディーゼルターボ(116hp/270Nm)+7速DCT
118d:B47型2.0ℓ直4ディーゼルターボ(150hp/350Nm)+8速AT
120d xDrive:B47型2.0ℓ直4ディーゼルターボ(190hp/400Nm)+8速AT

 の2種類(3仕様)のディーゼルエンジンをラインアップする。
 おそらく、今後、120i(2.0ℓ直4DOHCターボ)などバリエーションを増やしていくのだろう。ただし、前型では存在した直6エンジンは、横置きゆえにラインアップされないと予想する。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る