MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > プジョー > 508 > プジョー508のリヤ・マルチリンクサスペンションを解説する
  • 2019/06/14
  • Motor Fan illustrated編集部

プジョー508のリヤ・マルチリンクサスペンションを解説する

Motor Fan illustrated Vol.153 福野礼一郎によるマルチリンク解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
PEUGEOT 508
サスペンションは複雑で動きが難解。とくにマルチリンク式は、複雑怪奇!だ。モーターファン・イラストレーテッド のVol.153では「マルチリンク式リヤサスペンション」を特集している。どこを固定し、どこを動かすのか? ここでは、新型プジョー508のリヤ・マルチリンク式サスペンションを、特集を担当した福野礼一郎氏が解説する。

 プジョー508のリヤサスペンションは、ハブ別体式のトレーリングアーム+アッパーAアーム+リンク2本という構成で、今月号の特集風に自由度計算すると構成要素「5」、総自由度「30」、ピン拘束「3」×7ヶ所=「21」、軸拘束「5」×1ヶ所 =「5」、軸回転部3ヶ所=「3」ですから、30−21−5−3=1で残自由度「1」でサス成立しています。(福野礼一郎)

 一般的なFF用のトレーリングアーム+3リンクよりは横剛性が高くトーコントロールも精密にできますね。ダンパースプリングを寝かせてサブフレームマウントしてるのでロードノイズでは有利です。エンジニアに聞いたところ後輪駆動車はサブフレームにデフをマウントしているため、サブフレが重くなってマスダンパー効果が高まり(デフノイズでは不利でも)ロードノイズでは有利だそうで、リヤにデフのないFF車はリヤからのロードノイズ遮断が後輪駆動車よりかなりやりにくいそうです。(福野礼一郎)


Motor Fan illustrated Vol.153
モーターファン・イラストレーテッド vol.153は、マルチリンク特集です。
設計の自由度が高いマルチリンク式は、一瞥しただけでも複雑怪奇な機構ですよね。
どこを固定し、どこを可動させるのか。リンクの配置を決めている法則はあるのか。サブフレームとブッシュの設計ポイントは何なのか。そもそもマルチリンクは、なぜ5リンクと言われるのか、などなど、マルチリンクのリヤサスペンション用途にテーマをあて、わかりやすく解説しております。
解説は、福野礼一郎氏とクルマの教室メンバーにお願いをしました。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る