MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ルノー > アルピーヌ A110 > アルピーヌA110の高性能版「A110S」が本国デビュー!
  • 2019/06/14
  • MotorFan編集部

アルピーヌA110の高性能版「A110S」が本国デビュー!

292psの1.8Lターボを搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
6月13日、アルピーヌはミッドシップ2シーターの「A110」に高性能版となる「A110S」を設定したと発表。欧州市場では6万6500ユーロ(約811万円)で販売され、10月よりデリバリーがはじまる予定だ。

標準モデルより40psパワーアップ! 0-100km/h加速は4.4秒

 A110のモデルラインナップに新たに追加されたA110Sに搭載する1.8L直列4気筒ターボエンジンは、標準車A110のエンジンをベースに、ブースト圧を0.4bar高めたことによって292psと320Nmを発揮。

 最高出力の値は標準のA110用エンジンのそれを40ps上回る。最大トルクの値は標準モデルのそれと変わらない。このハイスペックエンジンを原動力に、4.4秒の0-100km/h加速タイム、260km/hの最高速度を実現している(標準のA110はそれぞれ4.5秒、250km/h)。

 サスペンションも専用にセッティングされ、スプリングのレートは50%硬めに設定。これに伴いダンパーも最適化されている。専用サスペンションの搭載により、車高は4mmローダウンされた。タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4で、サイズはフロントが215/40R18、リヤが245/40R18となっている。組み合わせる「GT Race」ホイールはダークフィニッシュ仕様だ。

 内外装はオレンジの差し色が特徴的だ。外観ではブレーキキャリパーやリヤピラーのフラッグディテールに、内装ではステアリングホイールの12時位置のマーキングやシートステッチなどに用いられ、A110S独特の表情が演出されている。

 なお、A110Sには光沢仕上げのカーボンファイバールーフやFuchs製鍛造アロイホイール、サベルト製のカーボンファイバーシートがオプション設定されている。

「アルピーヌA110S」主要諸元
・全長×全幅×全高:4180×1798×1248mm
・ホイールベース:2419mm
・フロントトレッド:1556mm
・リヤトレッド:1553mm
・車両重量:1114kg
・エンジン:1.8L直列4気筒ターボ(292ps/6400rpm、320Nm/2000-6400rpm)
・トランスミッション:7速DCT
・フロントブレーキ:4ピストンキャリパー&320mmディスク
・リヤブレーキ:シングルピストンキャリパー&320mmディスク
・タイヤサイズ:(前)215/40R18、(後)245/40R18
・0-100km/h加速:4.4秒
・最高速度:260km/h


自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る