MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > カローラスポーツ > トヨタ・カローラスポーツ:問題はファイナルにあり? 現状ではカローラ「スポーツ」ではなく「コンフォート」だ
  • 2019/07/09
  • MotorFan編集部

トヨタ・カローラスポーツ:問題はファイナルにあり? 現状ではカローラ「スポーツ」ではなく「コンフォート」だ

TOYOTA COROLLA SPORT 車両本体価格: 238万6800円

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・カローラスポーツ G Z 車両本体価格: 238万6800円
期待のダウンサイジングターボ+新開発マニュアルトランスミッションの組み合わせたパワートレーンを載せるカローラスポーツ。おそらく販売の主力はハイブリッドモデルだろうが、この1.2ℓターボと6MTの組み合わせは、クルマ好きにはアピールする。ジャーナリスト世良耕太が試乗した。キーワードは、「ファイナル(最終減速比)が違う」だ。


TEXT & PHOTO◎世良耕太(SERA Kota) PHOTO◎MOTOR-FAN

 なにしろマニュアルトランスミッションである。相当期待して乗った。クルマから「どうぞ操ってくれ」と言っているようなものだ(と、勝手に思い込んでいる)。試乗車のボディカラーは白だった。「おっ、カローラFXの再来か?」などと勝手に盛り上がる。スタイリングも悪くない。ちょっと持ち上げ気味に表現すれば、未来を先取りしたようなスタイルだ。個人的には、フロントシチサン(前7対横3くらいの角度)の眺めが気に入っている。

 ドアを開けて乗り込む前に、タイヤのサイズを確認した。225/40R18である。まさか185/60R14をイメージしていたわけではないが、スポーツ志向であることは、タイヤサイズが物語っている。造形的に派手なエアロパーツの類はついておらず、走りをアピールする要素は大径ホイールくらいのものだ。その素っ気なさがいい。

 試乗車のインテリアは、ブラックを基調に目に鮮やかなレッドを組み合わせていた。シートは「宇宙船?」と錯覚させるほどに未来的な造形をしている。三角の頂点でヘッドレストを挟むデザインがいいし、シルバーの加飾が未来感を盛り立てる。肩から腰までの張り出しが強いように見えるが、座って見ると見た目から想像したほどの圧迫感はない。ただし、通常のシートよりは包まれている感じはする。拘束感は強くないので、サポートされすぎによってうっとうしく感じることはない。

 さて、念願のマニュアルトランスミッションだ。シフトノブはゴルフボール様の形状で、トップに透明の樹脂が張り付けてある。その樹脂の外周はシルバーのリング。端正な佇まいながらも、スポーツ性を視覚的に表現している。握り心地も申し分ない。

 クラッチは軽い。考えてみれば、カローラスポーツが搭載しているのは、1.2ℓ直4直噴ターボエンジン(8NR-FTS)である。最高出力は85kWを発生するにすぎない。現代のターボエンジンらしく、最大トルクは1500〜4000rpmの広いレンジで発生する。強大な出力/トルクの伝達経路をつないだり切ったりするわけではないので、クラッチの踏み心地は軽くて当然といえば当然だ。

 駐車場から道路に出るのにステアリングを切ってみたところが、これもまた軽い。1速に入れたときに薄々感じていたことではあったが、2速に入れても、3速に入れても、なんなら4速、5速、6速と立て続けにシフトアップしていっても、とことん軽い。操作系はどれも拍子抜けするほどに軽い。「スポーツ」というより、「コンフォート」いう表現があてはまりそうなフィーリングだ。


新開発のMT、iMTとは? トヨタ・カローラスポーツの1.2ℓターボには、6MT仕様があるのだ!
全長×全幅×全高:4375×1790×1460mm ホイールベース:2640mm
車重:1330kg 最小回転半径:5.3m
前軸軸重810kg 後軸軸重520kg

形式:1.2ℓ直列4気筒DOHCターボ 型式:8NR-FTS 排気量:1196cc ボア×ストローク:71.5mm×74.5mm 圧縮比:10.0 燃料供給:筒内燃料直接噴射 給気方式:ターボチャージャー バルブ駆動方式:ロッカーアーム 最高出力:116ps(85kW)/5200-5600pm 最大トルク:185Nm/1500-4000rpm 燃料:レギュラー

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る