MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. テクノロジー

マツダが開発する直列6気筒SKYACTIV-Xエンジンが狙いは逆転の発想。ライバルはBMW、メルセデスの2.0ℓ直4ターボだ マツダのFR+直6SKYACTIV-Xエンジン「CX-5以上はすべてFR+スカイアクティブ直6が標準エンジンに」

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMWの直列6気筒エンジンのシリンダーブロック。これは、前世代N型のもの。

マツダが中期経営方針のなかで計画を表明している直列6気筒エンジンと後輪駆動(FR)。マツダがプレミアムなブランドになるための重要なステップとなる直6+FRについて、どんな直6になるのか。Motor-Fanではさまざまな推測をしてきたが、エンジンの専門家から示唆に富む新しい視点での推理をしていただいた。発想の転換とも言える「新しいマツダ直6像」について、考えてみる。

マツダの直6SKYACTIV-Xエンジンの想像図。(単に直4SKYACTIV-Xを延長しただけなので、ピストン位置は違っている)

 マツダのSKYACTIV-Xは、エンジン技術者の夢のひとつであるHCCI(予混合圧縮着火)をSPCCIという新しい燃焼技術でブレークスルーしたエンジンだ。SPCCIとはSPark Controlled Compression Ignitionの略で、火花点火制御圧縮着火である。

 革新的エンジンゆえの産みの苦しみをマツダ開発陣はいま味わっているのだろう。当初2019年10月発売だったSKYACTIV-Xエンジン搭載車の発売は2ヶ月先延ばしになっている。

 さて、話題は2.0ℓ直4SKYACTIV-Xではなく、その先に登場が予告されている直6SKYACTIV-Xだ。Motor-Fanでは直6SKYACTIV-Xについてさまざまな可能性を考えてみた。

 このなかでも
 超リーンバーン、超高圧縮比エンジンであるSKYACTV-Xエンジンの直6版と考えると、直4SKYACTIV-Xの出力90ps/ℓ、トルク112Nm/ℓで直6SKYACTIV-Xは270ps/336Nmというスペックになってしまう。これでは、直6の老舗であるBMWやメルセデス・ベンツの3.0ℓ直6ターボと比べて、だいぶ見劣りがしてしまうのではないか、と懸念した。

 2.0ℓ直4SKYACTIV-Xのスペックはこうだ。

SKYACTIV-X(欧州仕様)
シリンダー配列:直列4気筒 排気量:1998cc
ボア×ストローク:83.5 mm×91.2mm
圧縮比:16.3
最高出力:180ps(132kW)/6000rpm
最大トルク:224Nm/3000rpm
給気方式:スーパーチャージャー
燃料供給:筒内燃料直接噴射(DI、トップマウント)
カム配置:DOHC 使用燃料:RON95

 この4気筒を単純に6気筒にすると前述したように

排気量:2997cc
最高出力:270ps
最大トルク:336Nm

 となるわけだ。

 ライバルのBMW B58型3.0ℓ直6DOHCターボエンジンはいくつかバリエーションがある。
B58B30M0 326ps/450Nm
B58B30O1 387ps/500Nm
S58B30T0 510ps/600Nm
 326ps/450Nmからもっとも高スペックなS58型では510ps/600Nmになる。

 現在もっとも設計が新しいメルセデス・ベンツのM256型3.0ℓ直6DOHCターボは
M256E30 DEH LA GR 367ps/500Nm
M256E30DEH LAG 435ps/520Nm
 というスペックがある。

 400ps/500Nmという先達に直6SKYACTIV-Xはどう立ち向かうのか? 商品力でまったく太刀打ちできないのではないか? と考えたのだ。

 そこでまったく新しい視点から、「そうじゃない。マツダの狙いはそこじゃないんじゃ」と話してくれたのが、畑村耕一博士である。
 ご存知のとおり、畑村博士は1993年発売されたユーノス800に搭載された、量産車世界初のミラーサイクルエンジン、KJ-ZEM型V6エンジンの開発者だ。

 畑村博士はこう述べた。
「直6SKYACTIV-Xの競合車は、メルセデス、BMWの直6ではない」

 という。では、なにか?

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ