Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. シトロエン|CITROEN
  4. C5エアクロス

〈試乗:シトロエンC5エアクロスSUV〉極上の乗り心地……もう、それだけで十分だ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年、シトロエンは創立100周年を迎えた。その記念すべきアニバーサリーイヤーに、彼らは極めて“らしい”シトロエンを繰り出してきた。「魔法の絨毯のような乗り心地」をキーワードに開発されたC5エアクロスSUVの上陸である。

REPORT&PHOTO●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

シトロエンが100年をかけて追い求めてきたもの

 最近、シトロエンに“らしさ”が戻ってきた。そう感じる人は少なくないだろう。

 DSブランドを独立させたことで、シトロエンは独自性を存分に発揮できるようになったのだろう。ここ数年のPSAは、プレミアムなDS、フォーマルなプジョー、アヴァンギャルドなシトロエンと、そのキャラクターがはっきりしてきたように思う。

 そんななか登場したシトロエンC5エアクロスSUV(以下「C5エアクロス」)は、近年のシトロエンの勢いを象徴するようなフラッグシップモデルだ。

 開発のテーマに掲げられたのは「魔法の絨毯のような乗り心地」であり、すべての移動を快適な者とする、シトロエンが100年をかけて追求し続けてきたものにほかならない。

 そしてデザインも、C4カクタスを源流とする近年のシトロエンのデザイン文法を正常進化させたもので、とりわけ特殊な樹脂製のエアバンプが目を惹く。

 そんなフラッグシップモデルがSUVというスタイルで登場したことも、きわめて最近のシトロエンらしいというか、フランス車らしいと言える。近年のヨーロッパ、とりわけフランスにおけるクロスオーバーSUVの人気は著しい。

 前置きはこれくらいにして、いよいよC5エアクロスに試乗する。

 コクピットに乗り込んでまず目に入るのは、メーター内のレイアウト、エアコン吹き出し口、ステアリングのスイッチ類などに用いられている「丸みを帯びた台形」のようなデザインある。

 これはフロントバンパー下部やエアバンプにもあしらわれていたアクセントで、近年のシトロエンのひとつのアイデンティティになっている。
 
 そしてもうひとつ感じるのは、シートのふっかりとした柔らかさだ。これはシトロエンがアドバンスドコンフォートシートと呼ぶもので、平均的な自動車用シートよりもはるかに密度の高いフォームを採用し、さらにシート中央部の表皮には15mmのレイヤーを重ねることで、座った瞬間の当たりの柔らかさを表現しているという。試乗車はナッパレザー(フルレザー)シートだったために表面にはある程度の張りが感じられたが、それでも現代ではなかなか得難いふんわり感である。ぜひハーフレザーシートも試してみたいものだ。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ