Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. シトロエン|CITROEN
  4. C5エアクロス

〈シトロエンC5 エアクロスSUV〉らしさ全開! 前衛的なデザインと極上の乗り心地【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

  • 2020/01/07
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:SHINE

・月間登録台数 50台 (19年5月〜10月平均値)
・現行型発表 19年5月
・WLTCモード燃費 16.3㎞/ℓ

REPORT●山本 晋也(YAMAMOTO Shiya)
PHOTO●神村 聖(KAMIMURA Satoshi)
MODEL●森脇 亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

全長:4500㎜ 最小回転半径:5.6m
全幅:1850㎜ 全高:1710㎜ ミラー・トゥ・ミラー:2100㎜
開口高:745㎜
スタイリングはシトロエンらしいユニークなテイストだが、パッケージングはオーソドックスでSUVとして使いやすい。ちなみに撮影車の車検証の軸重は前1010㎏で、後ろ660㎏。前後重量配分は6対4となっている。

■主要諸元 SHINE
全長×全幅×全高(㎜) 4500×1850×1710
室内長×室内幅×室内高(㎜) ―
ホイールベース(㎜) 2730
トレッド(㎜) 前/後 1580/1610
最低地上高(㎜) 190
車両重量(㎏) 1670
エンジン種類 直列4気筒DOHCディーゼルターボ
総排気量(㏄) 1997
最高出力(kW[㎰]/r pm) 130[177]/3750
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 400[40.7]/2000
燃料タンク容量(ℓ) 52(軽油)
トランスミッション形式 8速AT
駆動方式 FF
タイヤ・サイズ 235/55R18
最小回転半径(m) 5.6
WLTCモード燃費(㎞/ℓ) 16.3
車両本体価格 431万9000円

先進安全装備

トラフィックジャムアシスト付きACCとレーンポジショニングアシストを統合することで高速道路での高度な運転支援を享受できる。設定速度上限が180㎞/hというのも欧州車らしいところ。歩行者は約60㎞/h以下で検知する。

撮影車両データ

ボディカラー:ブラン・ナクレ・パール
オプション装備:ナッパーレザーパッケージ(36万6000円)/タッチスクリーン専用ナビ+ETCユニット(24万6950円)/特別塗装色(8万2500円)/バイトーンルーフ(3万600円)/フロアマット(1万2980円)

ボディカラー

※1は6万500円高。 ※2は8万2500円高。

乗降性

〈前席〉ステップ高:445㎜ 助手席シート高:690㎜
〈後席〉ステップ高:450㎜ シート高:750㎜

ステップとシートの位置関係が絶妙で、驚くほど乗り降りしやすい。特に後席は自然な姿勢でシートに腰をおろせる。ただ後席を目いっぱい前側にスライドさせるとBピラーが足先の邪魔になることも。

インパネ

機能性にシトロエンらしいエッセンスを振りかけることで独自の世界観を演出したインパネ。パドルシフト付きのステアリングを軽い力で回すことができるのもシトロエンらしいところだ。アルミペダルはオプションの「ナッパレザーパッケージ」に含まれる装備。中央のタッチディスプレイは8インチを採用する。

前席

大きなブロック模様のレザーシートは、見た目の印象とは異なり身体にフィットする。シートは電動調整式。座面を高めにしてもノーズは見えづらい。ステアリングはチルト&テレスコピックが調整できる。

後席

独立した3脚のシートが並べられた後席。スペースも広く、シート自体は座面も適切で長い時間座っていられる仕上がりだ。後席用のエアコン吹き出し口もうれしいが、ドリンクホルダーは用意されていない。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き:985㎜
〈後席格納時〉高さ:770㎜ 幅:1050㎜ 奥行き:1775㎜

開口部とラゲッジフロアの高さが合っているので重い荷物の積み降ろしもしやすい。通常時で670ℓ、後席を格納すると1630ℓというラゲッジ容積は、クラストップレベル。かなりの大物でも余裕で積むことができそうな広いラゲッジだ。後席をスライドさせると隙間が出来るのには気を付けたい。

うれしい装備

シート自体の出来が良い上に足元も広く、後席の中央に座るのに我慢は不要。フル乗車でも不満は出ないだろう。このあたりの考え方は欧州SUVらしいところだ。
「ナッパレザーパッケージ」を選ぶとパノラミックサンルーフも備わる。薄いホワイトクロスのシェードは、閉じていても柔らかな光を取り込むことができる。
前席のアームレストを兼ねたセンターコンソールボックスは深さ275㎜と容量たっぷり。タブレットも収まるほどだ。
走破性を高める「アドバンスドグリップコントロール」を装備。砂地、泥、雪などのシーンに応じて適切に選択したい。
ラフロードの下りで速度を一定に保つヒルディセントコントロールや、舗装路で楽しめるスポーツモードも用意する。
腰や肩をマッサージしてくれる「運転席マルチポイントランバーサポート」もパッケージオプションに含まれる機能だ。
ただでさえ広い荷室だが、ラゲッジボードを下段にセットすることで荷室高を870㎜まで拡大することができる。
後席は3つに分かれて前後150㎜スライドすることができる。さらにリクライニング機能もそれぞれに与えられている。

〈TOPICS〉快適性を追求した独自の足まわり

ダンパー内にセカンダリーダンパーを追加した新世代ハイドロ「PHC(プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)」。セカンダリーピストンとシリンダーが生み出す減衰力で衝撃を吸収し、魔法の絨毯のような乗り心地を実現する。

〈ENGINE〉トルクフルな2.0ℓディーゼルを搭載

モノグレードのC5 エアクロスSUV、その心臓部は2.0ℓクリーンディーゼルで、最大トルクは40.7㎏mと車重に対して十分過ぎるもの。トランスミッションは8速AT、WLTCモード燃費は市街地13.8㎞/ℓ、郊外15.9㎞/ℓ、高速18.1㎞/ℓ。ロングツーリングで燃費が伸びるタイプだ。

バイヤーズガイド

SHINE
インテリア(コックピット)
インテリア(シート)

グレードは基本的に「SHINE」のみで、これに本革シートなどの装備が追加される「ナッパレザーパッケージ」をオプション選択可能(「SHINE」はハーフレザーシートで手動式)。シート中央部に高密度フォームを用いるなどシート構造でも乗り心地にこだわっているので、上質感を極めるならナッパレザー仕様がお薦め。

「ナッパレザーパッケージ」を付けたときの車両価格は468万5000円。サンルーフやナッパレザーシート(標準車はハーフレザータイプ)、2トーンナッパレザーの専用ステアリング、前席シートヒーターといった装備を考えると価格差は妥当だ。

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ