MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. プジョー|PEUGEOT
  4. 508

合理性と個性豊かな“おもてなし”感覚を実感 新型プジョー508の使い勝手を徹底チェック!

  • 2019/11/14
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

よりスポーティに進化した508だが、忘れてならないのが室内の進化だ。i-Cockpit(アイコクピット)を始めとして、意外なほどに大きな進化を厭わない(好む?)のがプジョーらしさ。ここではその快適で、ちょっと驚きの室内の使い勝手を見ていこう。

TEXT●編集部(MotorFan Express)
PHOTO●中野幸次(NAKANO Koji) / 花村英典(HANAMURA Hirenori)
ASSISTANT●高橋菜生(TAKAHASHI Nao 身長:166cm)

※本記事は2019年9月発売の「プジョー508のすべて」に掲載されたものを転載したものです。

【新型プジョー・リフター】見て、触って、座ってみた! 王者ルノー・カングーと比べてどうなのか?

10月19日(土)から26日(土)まで、東京は六本木ヒルズで開催される「PEUGEOT SHOW(プジョー ショー)2019」にて一般公開さ...

あわせて読みたい

取材車のプロフィール

ファストバック

508 GT Line ボディカラー:アルタンスグレー ディーラーオプション:フルパッケージ(ナイトビション/フルパークアシスト/フロントカメラ(360°ビジョン/パノラミックサンルーフ/ブラックナッパレザーシート)、メタリックペイント

ステーションワゴン

508 SW GT Blue HDi ボディカラー:アマゾナイトグレー ディーラーオプション:フルパッケージ(ナイトビション/フルパークアシスト/フロントカメラ(360°ビジョン/パノラミックサンルーフ/ブラックナッパレザーシート)、メタリックペイント

〈運転席まわり〉ハイテクノロジーを満載しながらも共存する温もり

まったく何とも似ていない、独自の個性を感じさせられるインテリア。ならば扱いにくいのかと思えば、さにあらず。自然なスタイルでステアリングを握り、自然とあらゆる操作が可能となっている。

乗った途端からプジョーイズムの洗礼

プジョーの提案するi-Cockpit (アイコクピット)の最大の特徴が、ステアリングの上からみるメーターパネル。もちろんカラー液晶だが、そのデザインも個性的。写真の表示がデフォルトだが、好みによって画面選択&表示設定などが可能だ。それに呼応してステアリングも縦310×横345㎜という楕円の小径サイズ。まるでF1のよう?

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ