MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ジャガー|JAGUAR
  4. Fペース

【Jaguar F-PACE SVR試乗記】群雄割拠の様相を呈するSUV戦国時代 驚異の性能を誇るFペイスSVRが登場! スーパースポーツカーを駆逐するSUV?

  • 2019/10/16
  • GENROQ編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャガーのミドルサイズSUV、Fペイスに最強バージョンであるSVRが加わった。
5ℓのV8スーパーチャージャーは550㎰/680Nmを発揮し、2tを超えるボディを283㎞/hまで引っ張る。
激しい超速SUVウォーズに、強烈なニューカマーの登場だ。

REPORT◉永田元輔(NAGATA Gensuke)
PHOTO◉藤井元輔(FUJII Motosuke)

※本記事は『GENROQ』2019年10月号の記事を再編集・再構成したものです。

フロントフェンダーに開けられたサイドベント、サイドクラッディング、リヤスポイラーなどSVR専用のエクステリアが他グレードとは一線を画す迫力を与えている。

 SVRといえば、Fタイプやレンジローバー・スポーツにも設定されているジャガー・ランドローバー系最速の称号だ。そのSVRがついにFペイスにも設定された。手がけるのは先に登場した2モデルと同じく、同社のチューニング部門であるSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)だ。近年になってSUVのラインナップを急速に拡大しているジャガーだが、このSVRの登場はそのトップレンジであるFペイスの面目躍如と言ったところだろう。

 エンジンはもちろん、5ℓのV8スーパーチャージャーで最高出力は550㎰、最大トルクは680Nm。これはFタイプSVRに比べるとパワーでは25㎰、トルクでは20Nm低い数字だが、そのかわりに最大トルクの発生回転数はFタイプSVRの3500rpmに対して2500rpmから5500rpmと、より実用域での力強さを重視したセッティングとなっていることがわかる。駆動はもちろんAWDで、旋回時は内輪にブレーキをかけるトルクベクタリングやアクティブディファレンシャルなど、本格スポーツカー並みのスペックが与えられている。もっとも、2tを超える重量級ボディをそれなりの速度で走らせるとなると、ハイテク装備での武装は必須ということだろう。

 しかしFペイスSVRを実際に間近で見ると、その最大の魅力はパワーや速さではなくそのビジュアルではないか、と感じる。左右に大きくエアダクトが開いた専用デザインのバンパーやボンネットのエアベント、フロントフェンダーのサイドベントやリヤディフューザーに4本出しマフラー、大きなリヤスポイラーに22インチ(標準は21インチ)のホイールなど、そのルックスはスーパースポーツカー並みの迫力だ。最近はハイパフォーマンスなSUVが増えているが、その中でもこのカッコ良さは群を抜いている。とはいえ全体のラインがシンプルなので決して威圧感や派手さを強調することなく、どことなく上品である。このあたりはさすが英国車だ。

 ドアを開けると、これまた上品なエボニーとライトオイスターのバケットシートが目に飛び込んでくる。形状自体はサーキットが似合いそうなほどスポーティだが、このカラーのせいかやはり見事に上品だ。エンジンをかけ、走り出すとスペックの数字から身構えると拍子抜けするほどジェントルに走り出す。もちろん力強さはひしひしと伝わってくるが、急激にパワーが出たりすることはなく、そしてアクセル開度に対するエンジンの反応とパワーの出方が非常に自然なので、むしろ初心者でも走りやすい、とさえ言えるだろう。ただし街中では2mを超える全幅はやはり少々持て余す。駐車場の料金所ゲートを通過する時などは、思わず緊張して身を固くしてしまうほどだ。

今どき珍しくカバーが装着されないエンジンは5ℓのV8スーパーチャージャー。2070㎏のボディで0→100㎞/hわずか4.3秒を実現する。

ステアリングにはSVRのエンブレムが光る。センターコンソールにはカーボンがあしらわれるなど、スポーティな雰囲気だ。

フルハーネスも装着できそうなバケットシートは見た目よりはるかに快適。素材やカラーの選択肢も豊富に用意される。

 そして、想像よりも足はずっと柔らかい。むしろ重たい上屋のことを考えるともう少し引き締めても良いのでは、と感じるほどだが、おかげで乗り心地は上々だ。エンジンといいサスペンションといい、ハイパフォーマンスSUVだからと言ってことさらにスポーツ性を強調していないのは、日常使うことを考えれば好感が持てる。

 だが高速道路に乗り、やや強めにアクセルを踏み込むとその印象は一変する。比類なきパワーと加速が全身を襲うのだ。車体の重さをまるで感じさせないほどの加速は、一瞬恐怖を覚えるほど。それもそのはず、0→100㎞/h加速4.3秒といえば、スーパースポーツカー並みの数字である。さっきは柔らかさを感じたサスペンションだが、ダイナミックモードを選択すれば適度に引き締まり車体をフラットに保ってくれることに気づく。それでいて乗り心地も悪くない。ハイパワーで車高が高いクルマだとどうしてもコーナーでは不安になったりするものだが、ほとんどそれを感じないのはサスペンションの設定だけでなく、トルクベクタリングやアクティブディファレンシャルの制御の恩恵だろう。

 普段はあくまでもジェントルに、そしていざとなれば他を圧倒する力を見せつける。この二面性も、いかにも英国生まれらしい。まさに紳士のためのスーパーSUVである。

ボンネットには2つのエアベントが設けられ、エンジンとブレーキの冷却効率をアップさせる。
リヤディフューザーから覗くマフラーは左右4本出し。光沢研磨処理が施してあるので存在感は抜群だ。
重量級のボディと高性能に対応するべくフロントブレーキは4ピストンの対向キャリパーに395㎜のディスクを組み合わせる。

ジャガーFペイスSVR
■ボディサイズ:全長4737×全幅2071×全高1670㎜ ホイールベース:2874㎜ ■車両重量:2070㎏ ■エンジン:V型8気筒DOHCスーパーチャージャー 総排気量:5000㏄ 最高出力:405kW(550㎰)/7500rpm 最大トルク:680Nm(63.2㎏m)/2500~5500rpm ■トランスミッション:8速AT ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:Ⓕダブルウイッシュボーン Ⓡマルチリンク ■ブレーキ:Ⓕ&Ⓡベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ:Ⓕ265/40ZR22 Ⓡ295/35ZR22 ■0→100㎞/h加速:4.3秒 ■最高速度:283㎞/h ■価格:1272万円

おすすめのバックナンバー

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ