Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. スカイライン

日産・新型スカイライン 400R :手なずける醍醐味。これぞスポーツセダンだ! 伝説のスカG『箱スカ』復活! 日産・新型スカイライン 400R 試乗 400psのスペックだけではなく、走りもホンモノか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペックだけではなく、走りもホンモノか?

 乗ってみれば期待どおりの走りを見せてくれた。一見すると普通のスカイラインと変わりなく、ブレーキキャリパーとエンブレムの赤が特別な存在を表す程度。街乗りも普通にこなせるし、乗り心地も他のモデルよりも良く感じた。足元がスクスクと動いてランフラット特有の突き上げ感が少ない。むしろたわまぬタイヤが上手にサスペンションを押し上げてくれている印象で、ボディの上下動自体はうまく押さえ込まれている。
 405psのパワーを感じるのは料金所などからの不意打ち加速の時だ。合流にあわせていつもどおりアクセルを踏み込むと、下からレスポンスよくパワーを引き出し、瞬時に加速体制に移る。
 なによりも吹け上がりが早い。秒殺の加速感で合流ポイントにスパッと落ち着く。雨でも降っていようものなら、リヤはズルッと滑り出し、まるで直ドリ状態。それでも大きなステアリング修正をしなくていいのは時代の進化だ。リヤサスは常に大パワーを受け流すように上下左右に柔軟に動く。聞こえは良いが、ひと言で言えばパワーに負けている。ボディはイマ風に作りこまれしっかり感はアップしているものの、お尻の下はいつもムズムズと動いている。結果、力は放出されてパワーとのバランスをとっている。

400Rなら、どんなシチュエーションでも、誰でも、気持ち良さが味わえる

 この瞬間だけでもスポーツカーに乗っている、という感動がある。しかも法定速度内で起きるから迷惑もかけず、自分ひとりのパフォーマンスを味わえることも特筆すべき点であろう。これが現代版スポーツカーなら、サーキットでないと体感も感動もできない。だが、400RはFR大パワー故にちょっとした遊び心を許してくれる。運転初心者でもパワーを実感しやすいし、年配の人にはパワーが勝っている時代のスポーツカーを思い出し、かみしめるようにエンジンフィールを楽しめる。

 もちろん、ゆっくりと走っていたってエンジンの良さは実感できる。レスポンスの良さに加えてじつにスムーズ。エンジンの振動が感じにくく、V6特有の吹け上がりの波がない。どこから踏んでも精緻な吹け上がりを見せてくれる。加えてターボが間髪入れずにサポートに入るから質の良い自然吸気エンジンのよう。RB26の剛性感と伸びの良さに加えてVR38の切れ味を併せ持つ、といっていい。だからどこでも誰でも気持ちよさを味わえる。

これはまさしく、復活だ!

さりげなくも主張する400Rのエンブレムは、スカイラインの代名詞ともいえる丸目四灯にもすっと馴染む

 ワインディングで踏んでいくとパワーよりもハンドリング性能に驚かされる。ステアリングを切るとスパッとインを指す。それも拳ひとつぶんくらいで敏感に反応する。ステアリングギヤレシオがクイックであってこそスポーツカーといった古典的な味つけが懐かしい。

 専用チューンが施されたアクティブダンパーが速い動きに対して即座に接地性を高め、Gを落ち着かせるなど、切れ味の鋭い演出と最新技術が安全を担保するなどの芸もある。お尻の下がムズムズし、ステアリングの切れ味を懐かしみ、打てば響くエンジンの吹け上がりに感動する。

室内長×室内幅×室内高:2000mm×1480mm×1180(1160※)mm ※サンルーフ装着時

 400Rは周りを圧倒した走りを与えてくれた当時のスカイラインファンを納得させる懐かしのFRスポーツ。正に『スカG』の再来。パワーも技術も頂点を極めつつあるスポーツモデルが雲の上の存在になっているいま、原点回帰した400Rこそ救世主になってくれる気がする。スカイラインは親父のクルマから、確実に身近な存在になってくれた気がする。CASEも大事だが、一方では走ってなんぼ! を実感できるこんなクルマ作りも重要だ。シャシーは古くさいがエンジンは最新作とも言える気持ちよさ。このアンバランスもまた、手なずける醍醐味があって最後までドライブを楽しめた。しかも、セダンだから3人乗車で!

 これまさしく伝説のスカG『箱スカ』の復活なのだ!

走りも、乗員数もどちらも犠牲にしない。400R(スポーツセダン)は、いいところ獲りなクルマだ!

日産スカイライン400R

全長×全幅×全高:4810mm×1820mm×1440mm
ホイールベース:2850mm
車重:1780kg 前前軸重:1000kg 後後軸重:780kg
サスペンション:Fダブルウィッシュボーン式 Rマルチリンク式
駆動方式:後輪駆動
ステアリングギヤ形式:ラック&ピニオン式
ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:245/40RF19

室内長×室内幅×室内高:2000mm×1480mm×1180(1160※)mm
※サンルーフ装着時

エンジン
形式:V型6気筒DOHC直噴ターボ
型式:VR30DDTT
種類:筒内直接燃料噴射V型6気筒(DOHC)
排気量:2997cc
ボア×ストローク:86.0×86.0mm
圧縮比:10.3
最高出力:405ps(298kW)/6400rpm
最大トルク:475Nm(48.4kgm)/1600-5200rpm

燃料:プレミアム
燃料タンク:80ℓ
燃費:WLTCモード平均燃費:10.0km /ℓ
最小半径:5.6m

変速比・最終減速比
トランスミッション:マニュアルモード付フルレンジ
電子制御7速オートマチックトランスミッション
変速比
前進:1速 4.783/2速 3.102/3速 1.984/4速 1.371/5速 1.000/6速 0.870/7速 0.775
後退:3.858
最終減速比:3.133

車両本体価格:562万5400円
試乗車両価格(オプション込):612万0082円

日産・新型スカイライン 400R「シャシーはエンジンより速いか?」スカG復活?400psで燃費は? アナログ派・ヒトシ君×助手75の言いたい放題本音インプレ

アナログ派自動車評論家・瀬在仁志(ヒトシ君)が助手の75(ナコ)とともに、話題のクルマに乗ってオイシイモノを食べに行...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ