MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. レクサス|LEXUS
  4. UX

〈試乗記:レクサスUX〉新プラットフォームと新パワーユニットがもたらしたもの|SUVレビュー

  • 2019/11/10
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

しっとりした感触が好ましいガソリンエンジンモデル

 UX200「Fスポーツ」から試乗する。乗り込んでみての第一印象は、視界の良さが際立っている点だった。静止状態で前方を向き、視線を左右に素早く動かしてみる。そのとき、ミラーなりピラーなりが“引っ掛かって”見えた場合、それは走行中の邪魔になる場合が多い。よく見れば、UXのフロントピラーは非常に太くがっしりとしていて、安心感がある反面、視界の妨げにもなりそうなものだったが、気にならなかった。ミラーも大きいが、ピラーとの間に十分な隙間と小さな窓があるため、心理的には気になってこない。配置とデザインの妙があると思う。凹凸のあるボンネットのデザインも便利な視点の基準になりそう。

 実際に走り出しても、視界の良さに感心した。インテリアの落ち着きある統一感も少なからず効いている。スイッチまわりの文字の小ささにはいささか閉口したものの、それ以外、安心してドライブに集中できた。コンパクトなSUVながら、泰然と乗っていられる。

 もちろん、UX200の真骨頂は“操ってナンボ”の場面にこそあった。路面の継ぎ目や凸凹を軽やかにいなしつつ、乗り心地の良さと軽快感をバランスよく提供してくれるから、俄然、ドライバーもヤル気になってくる。

 特に前輪の状況を微細な領域からじわじわ、かつしっとりと伝えてくれるステアリングフィールは、上級モデルに優るとも劣らないもので、FF車とは思えない仕上がり。ランフラットタイヤであるにも関わらず嫌みがない。しっかりとした骨格とチューンの効いたシャシーに加えて、AVS+パフォーマンスダンパー仕様の恩恵でもあるだろう。

 切り始めが穏やかで、そこから十分に自然かつスムースに曲がっていくステアフィールも適度にスポーツ感があって好ましい。リヤの追随性にも優れているから、ついつい速いコーナリングを試したくなる。ちょっとしたカントリーロードをたしなむくらいはできないと、現代のアーバンツアラーとは言えないのだ。

 最も気になっていたのが、新開発とはいえ自然吸気のエンジンとCVTの組み合わせだった。この組み合わせで素晴らしいと思ったパワートレーンに今まで出会ったことがない。過給器付きならまだしも、エンジンの良さを素直に引き出せないCVTでどこまで頑張れたのか、個人的には最も興味のあったポイントだった。

 結論からいうと、やはりステップATの方がもっと良いだろうに、と思う場面も少なからずあったが、街乗りを楽しむ限りにおいて、新開発の発進ギヤ付きダイレクトシフトCVTはこれまでの無段変速機とはひと味違うドライブフィールをみせてくれた。特にパドルシフトを使って自ら変速をアレンジするような場面では小気味良さも結構あって、CVTの嫌みも随分と打ち消されていた。ステップATのような変速サウンドを奏でるアクティブサウンドコントロールも効いていると思う。

上級モデルに優るも劣らないステアリングフィールは逸品
エンジンは新開発の2.0ℓ直噴エンジン。ガソリン(右)、ハイブリッド(左)ともに基本的に共通で、優れた熱効率と徹底した小型軽量化が行なわれている。また、ガソリン車のトランスミッションには、発進用のギヤを追加したダイレクトシフトCVTを採用。リニア感ある走りと低燃費をもたらしてくれる。

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ