MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. ヤリスクロス

ヤリス クロス登場でトヨタSUVラインアップ完成! まさに一分の隙もない布陣 ライズ/ヤリス クロス/CH-R/RAV4/レクサスUX/NX/RX 価格帯はどうなる?

  • 2020/04/24
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
上からライズ(ホイールベース2525mm)新登場のヤリス クロス(2560mm)C-HR(2640mm) ヤリス クロスは比較のため左右反転してある

新型ハリアー登場で話題をさらったのも束の間、トヨタの次の矢が放たれた。TNGA GA-BプラットフォームのSUV、「ヤリスクロス」が発表されたのだ。これで、トヨタのSUVラインアップが完成! ライバルにつけ入る隙を与えない完璧な布陣となった。日本での発売は2020年秋、欧州では2021年半ばの発売を予定している。

最後のピース=ヤリス クロス

発表されたトヨタ・ヤリス クロス(Yaris Cross)

 ジュネーブ・ショーで発表される予定だったトヨタのコンパクト・クロスオーバーが発表された。TNGAのいまのところもっとも小さいプラットフォームであるGA-Bプラットフォームを使う「ヤリスクロス」である。車名通り、同じGA-Bを使うヤリスのクロスオーバー版という位置づけだ。
 当初、欧州向けと考えられていたが、発売は日本が先、欧州が後になる。

トヨタ新型ハリアーはトヨタSUVファミリーでどこに位置するか? ライズ/CH-R/RAV4/レクサスUX/NX/RX 価格帯はどうなる?

トヨタの人気SUV、ハリアーが7年ぶりにフルモデルチェンジした。発売予定は6月だ。このハリアーの登場でトヨタのSUVラインア...

あわせて読みたい

 上の記事にもあるように、いままでトヨタが日本国内で販売しているSUVは
トヨタ・ブランド:ライズ/C-HR/RAV4/ハリアー/ランドクルーザープラド/ランドクルーザー/ハイラックス
レクサス・ブランド:UX/NX/RX/LX
 と計11車種だった。ここでは、ラダーフレームを持つクロカン系を除いたSUV(ライズ/C-HR/RAV4/ハリアー/UX/NX/RX)について考えていこう。
 これまでも「ほぼ完璧なトヨタ/レクサスのSUVラインアップ」だったわけだが、下の図を見てもわかるように、じつはライズとC-HRの間に「隙間」があったのだ。

ヤリス クロス登場以前のトヨタ/レクサスのSUVラインアップ

 ヤリス クロスは、まさにこの隙間を埋める、トヨタSUVラインアップの「最後のピース」なのだ。
 ヤリス クロスが入ると、ラインアップはこうなる。

上から2段目が新登場のヤリス クロス。これで完璧な布陣が完成した

 これまでも全長4m切りのライズ(ダイハツ・ロッキー)から4890mmのレクサスRXまで、全長900mmの間に7モデルも用意していた。ここにヤリス クロスが加わることで8モデルとなったわけだ。


 ライズからRXまで全長順に書くとこれまではこうだった
3995→4385→4495→4610→4640→4740→4890mm
 これが
3995→4180→4385→4495→4610→4640→4740→4890mm
 となったわけだ。
895÷7で128mm。ほぼ全長13cm刻みでSUV/クロスオーバーモデルをラインアップしているのだ。

 この範囲をマツダなら
CX-3:4275mm
CX-30:4395mm
CX-5:4545mm
CX-8:4900mm

 ホンダなら
ヴェゼル:4330mm
CR-V:4605mm

日産なら
ジューク:4135mm
エクストレイル:4690mm
(ジュークはまもなくキックスに入れ替わる)

スバルなら
XV:4465mm
フォレスター:4625mm

 となる。
 こうみると、いかにトヨタのSUV/クロスオーバーのラインアップが緻密に構成されているかわかる。
 完成形をずらっと横並びで見てみよう。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ