MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. BMW|BMW
  4. X2

〈BMW X2〉常識にとらわれないフォルムに秘める俊敏性【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

  • 2020/01/20
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:M35i

月間登録台数:NO DATA
現行型発表:18年4月(グレード追加 19年1月)
JC08モード燃費:18.3km/ℓ ※「xDrive 18d」系

REPORT●塚田 勝弘(TSUKADA Katsuhiro)
PHOTO●中野 幸次(NAKANO Koji)/平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●大須賀 あみ(OSUGA Ami)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

BMWのSAC(スポ ーツアクティビティクーペ)で末弟となるX2は、60年代から続くCピラーのホフマイスターキンクなど、伝統の意匠を採用しながらSUVとクーペ、ワゴンを融合させたユニークなスタイルだ。写真の「M35i」は、Mリヤスポイラーなど専用装備が装着される。

主用諸元 M35i
全長×全幅×全高(㎜):4375×1825×1535
室内長×室内幅×室内高(㎜):―
ホイールベース(㎜):2670
トレッド(㎜) 前/後:1575/1570
最低地上高(㎜):180
車両重量(㎏):1670
エンジン種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):1998
最高出力(kW[㎰]/rpm):225[306]/5000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):450[45.9]/1750-4500
燃料タンク容量(ℓ):61(プレミアム)
トランスミッション形式:8速AT
駆動方式:4WD
タイヤ・サイズ:225/45R19
最小回転半径(m):5.1
JC08モード燃費(㎞/ℓ):14. 2
車両本体価格:697万円

先進安全装備

衝突被害軽減ブレーキは、自動ブレーキの前に2段階で警告を発する。ACCは、0〜140㎞/h間で設定した車間で先行車に追従。車線逸脱警報は、車線から外れそうになるとステアリングを振動させてドライバーに知らせる。

撮影車両データ

ボディカラー:サンセット・オレンジ・メタリック
オプション装備:パーフォレーテッド・ダコタ・レザー・シート(17万9000円)/特別塗装色(9万6000円)

ボディカラー

8.8インチディスプレイのHDDナビと左右独立温度調整式のオートエアコンを標準装備(「18i」の標準車はマニュアルエアコン)。「M Sport X」専用のレザーステアリングは、リムにかなりの厚みがあり、高いフィット感が得られる。

居住性

後席:シート高645㎜
前席:助手席シート高610㎜

前席はややアップライトな乗車姿勢となり、「M35i 」は電動サイドサポート付きでホールド性がより高くなる。後席は座面が水平基調で小さめだが、前席下に足が入り、頭上も広くてボディサイズ以上に広く感じさせる。大人4名が無理なく座れる広さだ。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き765㎜
後席格納時:奥行き1570㎜ 高さ680㎜ 幅1000㎜

ボディサイズを考えるとラゲッジは広く、通常時でも日常使いに不足のない470ℓという荷室容量。4対2対4分割可倒式の後席をすべて前倒しすれば、最大で1355ℓまで広がる。後席格納時はシート部分が少し持ち上がるものの、長い荷物も楽に出し入れできる。荷室高はやや低めだが、開口高も抑えられているため、重い荷物も楽に積載できる。

うれしい装備

iDriveコントローラーでカーナビやオーディオ、車両設定などの操作が手元で可能。モニターのタッチ操作や音声操作にも対応している。
「SPORT」「ECO PRO」「COMFORT」の3モードの「ドライビング パフォーマンスコントロール」により、状況や好みに応じた走行が可能。
標準装備の「コネクテッドドライブ」はSOSコールのほか、通信モジュールを使って天気予報やニュースの確認、スマホ連携などができる。

バイヤーズガイド

衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備は全車標準だが、ACCとヘッドアップディスプレイは、標準装備の「M35i」を除きオプション。運転席メモリー付き電動シートは、「M35i」にのみ標準。前席シートヒーターは「20i」と「M35i」に標準。
xDrive20i M Sport X

市街地中心で乗るなら、1.5ℓターボの「18i」でも十分だが、レジャーにも使うならトルクが厚く、燃料代も抑えることができるディーゼルの「xDrive18d」がお薦め。走りの軽快感が高まる「M Sport X」が付随されるのも魅力だ。

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ