MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ハスラー

スズキ・ハスラーとダイハツTAFT(タフト)コンセプト「内外装とスペックを見比べてみた」ライバル比較:軽自動車クロスオーバーSUV

  • 2020/01/17
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年1月20日に発売されるスズキ・ハスラー(左)と、2020年央の発売が予定されているダイハツTAFTコンセプト。

2019年12月24日(火)に発表され、いよいよ20年1月20日(月)に発売される二代目スズキ・ハスラー。SUV的デザインとハイト系譲りのスペース&ユーティリティを備えた軽自動車クロスオーバーのパイオニアであり、絶対的王者だ。それに対抗するのが、2020年央に市販化されると見られているダイハツTAFTコンセプトだ。打倒ハスラーの急先鋒であることは間違いないが、そのキャラクターはかなり異なっている。ハスラーの発売を直前に控えた今、ひとまず見た目と、現段階でわかっているスペックを比較してみよう。

エクステリア

ハスラー
タフト
ハスラー
タフト

 両者とも「アウトドアテイストを強調したSUVデザイン」ながら、こうして見比べてみると個性の違いが際立つ。

 ハスラーは先代よりもボディの絞り込みを抑えることで室内スペースを稼ぎ、ハイト系に肉薄するユーティリティを実現している。それでいて先代ハスラーのアインデンティティをまったく失っていないのは見事だ。

 一方のTAFTコンセプト(以下「タフト」)は、より一層、直線基調でまとめられている。どことなく愛嬌を感じさせるハスラーに対し、こちらはタフなアウトドアのツールといった風情だ。フェンダー回りの樹脂パーツも、タフトのほうが無骨なデザインだ。

 そのほか、タフトはワイパーの根元まであえて剥き出しとしていたり、前後バンパーの下部の角を切り落とすなどしてタイヤのトレッド面の見える面積を増やすなど、オフローダーらしさを強調する演出がそこかしこに確認できる。

 わかりやすく言えば、タフトはハスラーとジムニーの中間的なデザインテイストなのである。

ハスラー
タフト
ハスラー
タフト
ハスラー
タフト

 ボディサイズは軽自動車ゆえ、規格ギリギリ。だから数字だけ並べてもあまり面白くないが……。ひとまずコンセプトカーであるタフトはまだ一部のスペックしか公開されていないため、わかっている項目に絞ってハスラーのスペックも引っ張り出してみよう。

■スズキ・ハスラー
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1680mm
エンジン:660ccターボ or 660cc自然吸気
トランスミッション:CVT
駆動方式:FWD or 4WD

■ダイハツ・タフト
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1630mm
エンジン:660ccターボ
トランスミッション:CVT
駆動方式:FWD

 予想通り、全長と全幅はまったく同じ。だが全高はタフトがハスラーよりも50mmも低い。これは外から見ても明らかで、ウインドウの天地が浅いチョップドルーフのようなスタイルなのだ。これによって、軽自動車に普遍的に漂いがちな可愛らしさが抑えられ、タフなオフローダーらしさが増している。天地が抑えられ、直線基調のデザインであることも相まって、離れてみるとハスラーよりもややボディサイズが大きいような錯覚も受ける。

 パワートレインに関しては、まだ比較するほどの情報はない。タフトはターボとFWDであるとされているが、市販化される際には当然ながら自然吸気と4WDもラインナップされるのではないか。


おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい!

バイク|令和元年(2019年)のトピックおさらい! 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ