MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. スープラ

スープラ(A70/80系)オーナー必見! 専用Webサイトから復刻リクエストの投稿も可能「GRヘリテージパーツ」 A70/80系トヨタ・スープラ「GRヘリテージパーツ」のキーパーソンを直撃! 復刻部品選定の決め手は? 今後の品目・車種拡大は?【東京オートサロン2020】

  • 2020/01/20
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
A80型スープラのGRヘリテージパーツと、トヨタガズーレーシングカンパニーの蟹江庸司主査

1月10~12日に千葉県の幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」で、東8ホールにブースを構えたトヨタガズーレーシング。そこには開催前日の1月9日に「GRヘリテージパーツプロジェクト」として復刻・再生産が発表された、A70系およびA80系スープラ補給部品の実物が展示されていた。同プロジェクト発足にあたり、復刻・再生産する部品が選ばれた経緯と、それを実現するあたって直面した困難とは。そして、今後の展開は。トヨタガズーレーシングカンパニーGRプロジェクト推進部の蟹江庸司主査に聞いた。

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
PHOTO●遠藤正賢/トヨタ自動車

A70/A80スープラの補給部品を復刻・再販売! トヨタが「GRヘリテージパーツプロジェクト」を発足!

1月9日、トヨタは「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、1986〜1993年に販売されたA70型スープラ、および1993〜2002年に...

あわせて読みたい

--今回補給部品を復刻・再生産するにあたり、これらの部品(下記カコミ参照)が選ばれたのはなぜでしょうか?

【GRヘリテージパーツ 復刻品目】

<A70系スープラ>
プロペラシャフト
ドアハンドル
フューエルセンダーゲージ
ウェザーストリップ
フロントエンブレム

<A80系スープラ>
ヘッドランプ
ドアハンドル
ブレーキブースター

蟹江 オーナーズミーティングに参加してスープラオーナー、またスープラを専門にレストアしているモータースの方からご意見をいただいたのに加え、社内にもスープラを所有している者がおりまして……。

東京オートサロン2019の記者発表会で自らの愛車(写真奥のスクリーン)を披露する友山茂樹副社長

--友山茂樹副社長もそうですね。

蟹江 友山は80ですね。70の方も結構社内におりまして、それらの意見を総合して、かつ車検に必要なものを選びました。ただし、サードパーティの皆様が手掛けている部品には手を出さない、ご商売の邪魔をしないという考えに基づいて、準備ができたものから2020年春以降順次再生産していきます。

A70系スープラのGRヘリテージパーツ

--ということは、自動車メーカーでなければ作りにくい部品を…。

蟹江 そういうものが選ばれています。例えばエアクリーナーやエンジンルームのパイプ類は、サードパーティの皆様がいろんな部品を出されていて、我々が手を出したところで…というのはあります。

 ですが、例えばプロペラシャフトは、どのメーカーさんも作っていません。しかもあのプロペラシャフトは、我々の工場内製なんですね。ですから、市場からのご意見もありましたし、使命として我々が作るべきだろうと。

 そこで、工場の人間と相談した結果、何とかなるだろうという結論に至りました。

--ヘッドライトはサードパーティが作るには難しいものの最たるものだろうと思います。

蟹江 そうですね。ヘッドライトは部品点数が大変多いですからね。

--70はヘッドライトがリトラクタブル式ですが、こちらを再生産しないのはなぜですか?

蟹江 ライト自体は四角い汎用品なので、比較的壊れにくく、交換部品もあり、シール切れもしにくいだろうと。それにリトラクタブル式なので黄ばみにくいという判断からです。またオーナーの方から再生産の要望がありませんでした。対して80は製造された時代もあり黄ばみやすいので、ニーズが高いですね。

A80系スープラのGRヘリテージパーツ

--70はまだレンズがガラス製なのに対し、80はポリカーボネート製になるんですね。

蟹江 そうですね。再生産する以上は、お客様がいないと成り立ちませんので(苦笑)。

--価格はどうなるのでしょうか?

蟹江 まだこれからですね。ただ、当然安くはありません。新車販売当時とは貨幣価値も変わってしまいましたので。

--現状ではまだ生産している部品と、すでに生産が止まっている部品とが混在すると思うのですが…。

蟹江 それは社内ですべて把握できておりますので、当然止まっている部品でニーズがあるものから復活ということですね。

--そのうえで、順次増やしていくと。

蟹江 ええ。専用のWebサイトを立ち上げて、復刻・再生産のご意見を投稿できるようにいたしましたので、そこからご意見をいただいて、我々が次に進むべき道を決めていきたいと思っています。

GRヘリテージパーツ 専用サイト

GRヘリテージパーツ 復刻リクエストフォーム

 正直なところ、お金さえあればできるのではないかと思っていたのですが、実際に始めてみるとそうではありませんでした。本当にいろんな方のご支援がないとできません。当然お客様や部品サプライヤーさんもそうですし、メディアの方もそうです。

A70系スープラ
A80系スープラ

--金型と図面と部品がなければ、どうにもなりませんものね。

蟹江 仰る通りです。80のヘッドライトは、部品点数が70点くらいで、型は30点×左と右なのですが、いくつかの型は残っていました。ないものは型を新たに作ります。もしくは3Dプリンターなどで部品を作ります。

 なお、70の部品は3Dデータが全くありません。70は1986年デビューのクルマですので、設計はその5~7年前です。ですから、その当時の図面は、紙では残っています。

--ということは、すべてCADデータに起こし直さなければならないと。

蟹江 はい、そういうことです。ですから、全部実車から3Dスキャンです。

--それは……大変ですね。

蟹江 ええ。ですのでなかなか、心意気とお金だけではどうにもなりませんね。

--新規に部品を開発するよりも手間がかかりそうですね。

蟹江 その通りです。

--今後、部品を復刻・再生産する車種を増やしていく計画は?

蟹江 それも、Webサイトから皆さんのご意見をいただこうと考えています。

--期待しています。ありがとうございました。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ