MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ルノー|RENAULT
  4. トゥインゴ

さりげなく新エンジンじゃないか! ルノー・トゥインゴS 5速MTの正体はルーマニア育ち?

  • 2020/02/17
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
Renault・B4D

2月3日に日本仕様が発表されたルノー・トゥインゴS。単なるMT仕様かと思ったらエンジンが変更されていた。果たして何が載せられているのか。

ルノー・トゥインゴに5速MTを搭載した「トゥインゴS」が登場! 税込価格は179万円

2月3日、ルノー・ジャポンはトゥインゴに5速MTの搭載によってマニュアルトランスミッション車ならでは楽しさを実現した「トゥ...

あわせて読みたい

新型ルノー・トゥインゴ試乗記「ハッチバックの姿をしたアルピーヌA110?」そして200km走ってわかった実燃費!

マイナーチェンジを受けた新型ルノー・トゥインゴが、ついに日本の道を走り始めた。2016年に日本に導入された三代目トゥインゴ...

あわせて読みたい

 ルノー・ジャポンはマニアの心をよくわかっていて、時折「そうなんだよ、ありがとう」というクルマを急に輸入する。今回のトゥインゴSもまさにそんなクルマで、「自然吸気1.0ℓ+5速MT」なんていう、もう向こうの人が最初に選ぶんじゃないかという仕様を用意してきた。

 しかし日々新車情報に慣れた身、「はいはいMT仕様ね」なんて思っているにとどまっていたのだが、そうしたら「なんか登場時のNAエンジンと数字が違う」と編集長Devilが言うではないか。そんなことあるかいなと調べてみると、自分が把握していたH4D型と全然スペックが異なっていた。

三菱製に非ず、ルノー・トゥインゴに搭載される3気筒RR用エンジン──H4D

■H4D:SCe70 直列3気筒 排気量 999cc 内径×行程 72.2mm×81.3mm 圧縮比 10.5 最高出力 51kW/6000rpm 最大トルク 91...

あわせて読みたい

 排気量999cc/内径72.2mm×行程81.3mmというのが慣れ親しんだH4D型の数値。それが997cc/71.0×84.0mmに変わっていた。型式はB4D。完全にノーマークのエンジンである。

 H4D:排気量999cc 内径72.2mm × 行程81.3mm
 B4D:排気量997cc 内径71.0mm × 行程84.0mm

 B型と聞いてまず考えたのが日産/三菱自が軽自動車用として搭載するBR06型である。あのエンジンもルノーBR08型の内径を縮小して仕立てた659ccエンジンで、62.7×71.2mm。これをベースに仕立てたものかと想像した。BR08型自体はルノー/日産が新興国向けに仕立てたエンジンで2013年の発表。そう考えると「新エンジン」というよりは新バリエーションという意味合いが強くなる。

 しかしもう少し調べてみると、どうやらこのB4D型エンジンはルノー以前にルーマニア・ダチアブランドですでに搭載されているエンジンのようで、2016年のダチア・サンデロに搭載されたのが初出の模様。当時のリリースを見るとルノーから新たに供給を受けた旨が記されている。

 とはいうもののダチアブランドの各車はFFであるはずで、トゥインゴのフォーマットに合わせ込むには相当の力技が発揮されたはず。そのように考えればもはや新エンジンといって差し支えないだろう。

 SCe73あるいはSCe75のペットネームが与えられている。最大トルクもH4Dの91Nmに対して95Nmと増強された。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ