MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. ルークス

デイズルークスからルークスへ! 新型日産ルークスの進化ポイントを徹底分析【軽自動車 新旧比較】

  • 2020/03/15
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加

より広く、安全に、力強く───これまでの「デイズルークス」から「ルークス」へと名前を変えて登場した日産の軽スーパーハイトワゴン、新型ルークス。では先代からどんなところがどんな風に進化したのか、チェックしてみよう。

日産がイチから新設計した新型ルークス!

 日産と三菱は共同で軽自動車を開発しており、先代のデイズルークスは三菱が設計を担当していたが、新しいルークスでは日産が設計を担当している。なので、エンジンや先進安全装備などは日産のものが使われるようになったのが大きな違いだ。

日産Vモーショングリルを前面に打ち出したエクステリア

 外観では、日産共通のエクステリアキーワードであるVモーショングリルがハッキリとわかりやすくなっている。先代ではハイウェイスターと標準車のデザインの違いがハッキリしていたが、新型では標準車もハイウェイスターに近いシャープな顔つきになったのが特徴だ。また、新型ではボンネットの先端がギリギリまで前に伸ばされており、運転する際に車両前端を確認しやすくなっている。

新型ルークスハイウェイスター。デイズハイウェイスターとも共通する「日産顔」で、LEDヘッドライトによる鋭い目つきが印象的。
こちらは標準車。同じくVモーショングリルを採用し、ハイウェイスターにも通じるシャープな顔だ。

日産設計エンジン+マイルドハイブリッド

 ちなみにエンジンは全車マイルドハイブリッドを搭載。エンジン自体も日産の手によるもので、従来は特にNA(自然吸気)エンジンの非力さが目立っていたが、モーターのアシストが加わることもあり、不満を感じることは少なくなりそうだ。

新設計エンジンで力強い走りを見せる新型。先代の物足りなさを払拭する!

■新型ルークスエンジンスペック

・ターボエンジン
エンジンパワー:64ps/5600rpm
エンジントルク:100Nm/2400-4000rpm
モーターパワー:2.0ps/1200rpm
モータートルク:40Nm/100rpm

・NAエンジン
エンジンパワー:52ps/6400rpm
エンジントルク:60Nm/3600rpm
モーターパワー:2.0ps/1200rpm
モータートルク:40Nm/100rpm


■先代デイズルークスエンジンスペック

・ターボエンジン
エンジンパワー:64ps/6000rpm
エンジントルク:98Nm/3000rpm

・NAエンジン
エンジンパワー:49ps/6500rpm
エンジントルク:59Nm/5000rpm


 ここで注目してほしいのは、パワー/トルクの絶対値が上がっていることはもちろんだが、発生回転数が下がっていること。特にNAエンジンのトルク発生回転数が先代の5000rpmから3000rpmに下がっているのがポイントで、エンジンを高回転まで回さなくて済むので燃費も良くなるというわけだ。


■新型ルークス燃費(最良値)
・ターボエンジン
JC08モード:22.6km/l
WLTCモード:18.8km/l

・NAエンジン
JC08モード:27.2km/l
WLTCモード:20.8km/l


■先代デイズルークス燃費(最良値)
・ターボエンジン
JC08モード:22.2km/l

・NAエンジン
JC08モード:22.0km/l

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ