MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデス・ベンツ|MERCEDES BENZ
  4. CLAクラス

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツCLAのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じMFAプラットフォームを採用し、4ドアボディを持ちながら、Aクラスセダンとは見事にフォルムもキャラクターも変えてきたCLA。思わず見とれてしまう流麗なスタイルは、まさしく大人のためのクーペである。

TEXT●塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)
PHOTO●藤井元輔(FUJII Motosuke)/神村 聖(KAMIMURA Satoshi)

※本稿は2020年3月発売の「メルセデス・ベンツAクラス/Bクラス/CLAのすべて」に掲載されたものを転載したものです。

 二代目となる現行CLAは、先代と同様にAクラスをベースに仕立てられた4ドアクーペ(ワゴンスタイルのシューティングブレークも設定)だ。車体にFF用の「MFA」プラットフォームを使うことで、走りだけでなくパッケージングの面でも進化を遂げた。エクステリアデザインは、同じ4枚ドアのAクラスセダンと比べると、鮫のような顔つきは似ているもののダイナミックに曲線を帯びたものとなり、リヤに向かって流れ落ちるようなルーフライン、小さなサイドウインドウ、サッシュレスウィンドウなどによりクーペであることを主張する。

 気になるキャビンをチェックすると、先代はとくに後席に圧迫感があり、狭い場所に潜り込んだような印象だった。新型はボディサイズが拡大した恩恵が前後席ともに感じられる。前席の室内幅を35㎜、後席の室内幅を44㎜拡幅し、さらに前席の頭上空間は17㎜拡大。Aクラスセダンと比べると、後ろ下がりのルーフラインなどにより頭上の開放感では若干譲るが、身長171㎝の筆者が後席に座ると、両方の手のひらを重ねたほどの空間が残る。日本人男性の平均身長程度であれば大人4名乗車でも窮屈には感じられないはずだ。なお、全高はAクラスセダンと同値の1430㎜。

 パワートレーンは、「CLA180」の1.3ℓ直列4気筒ターボ、「CLA200d」の2.0ℓ直列4気筒ディーゼルターボ、「CLA250 4MATIC」の2.0ℓ直列4気筒ガソリンターボの3本立て。組み合わされるトランスミッションは、180と250が7G-DCT、200dが8G-DCT。変速段数こそ違うが、両者ともにデュアルクラッチトランスミッションになる。さらには強力なエンジンを搭載するハイエンドグレードの「AMG CLA354MATIC」と「AMG CLA45S 4MATIC+」もラインナップする。

 装備面では、対話型インフォテイメントシステムの「MBUX」を標準装備するが、先進安全装備の「レーダーセーフティパッケージ」、「ナビゲーションパッケージ」などはオプションになるから確認しておきたい。先代よりも広さや実用性を向上させた現行は、前後トレッドを拡大し、リヤサスペンションにマルチリンクを採用するなど、上質な乗り味も美点で、まさしく大人のクーペに仕上がっている。

全長:4690㎜ ホイールベース:2730㎜ ※撮影車はCLA200d
全幅:1830㎜
全高:1430㎜

INSTRUMENT PANEL

Aクラスのデザインと操作性を踏襲している。ナビゲーションや車両設定などを映す10.25インチのセンターモニターはタッチ操作も可能だ。右に隣接する10.25インチのメーターパネルは、カウルが廃されていて、好みに応じて表示パターンを変更できる。

SEAT

クーペボディから想像する以上の余裕ある空間。身長171㎝の筆者が運転姿勢を決めた後ろには、膝前に拳ふたつ弱の空間が残る。前席座面下に足が入るので伸ばして着座できる。
撮影車は、本革2トーンの「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」を装着している。ハイバックシート形状で、適度なホールド性と上質な触感、座り心地が印象的だ。

LUGGAGE SPACE

荷室最小幅:1010㎜ 荷室奥行き:1040㎜
荷室最大奥行き:1850㎜

Aクラスセダンよりも室内高は実測で約20㎜低いが、奥行きは通常時、後席格納時ともに長くなっている。後席はメルセデスお馴染みの「40:20:40」の分割可倒式。通常時の容量は460ℓで、同クラスではかなり大きめだ。

ENGINE

「200d」は、高圧EGR、低圧EGRなどを備える直列4気筒ディーゼルターボを搭載する。「250 4MATIC」は、可変バルブタイミング機構付の直列4気筒ガソリンターボを積み、224㎰/350Nmというアウトプットを得ている。2020年2月末には1.3ℓ直列4気筒ターボを搭載する「180」が追加された。

WHEEL&TIRE

写真はオプションの「AMGライン」に含まれている「18インチAMG5ツインスポーク アルミホイール」を装着している。撮影車のタイヤは225/45R18のハンコック製「ven tusS1 evo2」を装着。

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツAクラスのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

SUVであるGLAやGLBを含めれば、いまや7種のボディ形態を擁するまで拡大したMFAファミリー。わかりやすく言えばFFをベースとし...

あわせて読みたい

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツAクラス セダンのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

ハッチバックと基本コンポーネントを共有しつつも、正統派セダンとして仕立てられているAクラスセダン。もはやプレミアムセダ...

あわせて読みたい

ひと目でわかる! メルセデス・ベンツBクラスのすべて〈写真とスペックで見る最新コンパクトMercedes-Benz〉

Aクラスをベースに、モノスペース的なボディとともに高いユーティリティ性能が与えられたBクラス。初代Aクラスに近いコンセプ...

あわせて読みたい

モーターファン別冊・インポートシリーズ vol.72 メルセデス・ベンツAクラス/Bクラス/CLAのすべて

小さな巨人
コンパクトでFFだからこそ際立つメルセデスの本気度
MECHANISM
MFAプラットフォーム
そして先進のガソリン&ディーゼル

SAFTY
圧倒的な受動的安全性
メルセデスの神髄ここにあり

LIFESTYLE
都会でもアウトドアでも映える
これが僕たちのメルセデス

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ