MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. 日産|NISSAN
  4. ルークス

4月8日発売! モーターファン別冊「日産ルークスのすべて」の中からチョイ出し企画《第2弾》 新型日産ルークス の先進安全:凄く進化しているのに、あまり声高に謳われていない新メカニズムに注目せよ!

  • 2020/04/02
  • ニューモデル速報 森田 準
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車が初めて自社開発した軽自動車 新型デイズに遅れること約1年。本命とも言えるスーパーハイトワゴンの新型ルークスが発表となった。パワートレーンやシャシーはデイズとほぼ共通だが、先進安全機能については、デイズからさらに進化したシステムが搭載されていた! 「日産ルークスのすべて」、ちょい見せ企画第二弾をどうぞ。

REPORT:森田 準(ニューモデル速報編集部)

見た目ではわからない プロパイロットの大きな進化

 間もなく発売の新型ルークス(弊社刊 新型ルークスのすべて)に注目されていいる方も多いと思う。
日産が威信を賭けて放つ新型だけに、後席のロングスライドや大開口のリヤスライドドアなど、子育てまっ盛りのヤングファミリーに魅力的な装備が満載で見所の多いクルマに仕上がっている。

 そんな魅力満載な新型ルークスの中でぜひ注目してほしいのが、ハンドル、アクセル、ブレーキの操作をアシストしてくれる先進安全機能「プロパイロット」だ。

 軽自動車として新型デイズに初めて搭載されたので、「何を今さら」と思うかもしれないが、じつはルークスのプロパイロットはデイズからさらに進化しているのだ!

 具体的に言うとまず、システムのハード面で、前方の監視にミリ波レーダーが追加された。デイズのプロパイロットは基本的にフロントウインドウ上部に設置された単眼カメラで自車の位置や先行車との距離、相対速度を推定しているのだが、ルークスはそれにレーダーからの情報をフュージョンさせ、より機能向上が図られているのだ!

 カメラのみのシステムと比べた場合の大きなメリットとしてまず挙げられるのが、雨天時にオートクルーズが使えるということ。
 オーナー以外では意外にご存知ない方が多いのだが、カメラのみのシステムはワイパー使用時(=雨天時)にはオートクルーズ(ACC)が使用できない。

 カメラの画像から前方の状況を判断しているので、視界の悪い状態では安全が担保できない。とお伝えすれば理解しやすいだろうか?

 しかし、ミリ波レーダーが追加されたルークスのプロパイロットは視覚的な環境に左右されないので、オートクルーズが使用可能となっている。しかもルークスのオートクルーズは、油圧ブレーキも協調させることで、速度維持性能も高められている。

 さらに、機能向上の策はレーダー追加だけでなく、カメラにも及んでいる。
カメラの認識精度が高められたことにより、デイズでは間欠ワイパーまでしか使えなかったレーンキープアシストが、ワイパースピード”LO”まで使用可能となっている。

 と、ここまで新型ルークスの機能のごく一部を紹介したが、もちろんこの他にも安全性や使い勝手を高める技術が満載の新型ルークス。

 宣伝下手なのか? 技術の日産としては当たり前のことだからか? ここら辺のことは、じつは新型ルークスのwebサイトを見ても、ことさら明記はしていない。

 より詳しい情報に関しては、間もなく発売される「新型日産ルークスのすべて」のメカニズム詳密解説をご覧いただきたい!

 大切な家族を乗せるためのクルマだけに、より安全な車種を選びたいと思うのが、親心というもの。
 そんな家族思いのパパ&ママのクルマ選びの参考になれば幸いだ。

モーターファン別冊 第596弾「日産ルークスのすべて」

進化版プロパイロットのほか、試乗記、デザインインタビューなど、新型ルークスの身はどころまだまだたくさん! 詳しくは、4月8日発売の「日産ルークスのすべて」をご確認ください。

ライバルにはない日産新型ルークスだけの便利装備とは?

日産から登場した新型軽スーパーハイトワゴン、デイズルークス改め新型ルークス。4月8日に「日産ルークスのすべて」が発売...

あわせて読みたい

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ